こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

どうぞ「フォト×俳句」の作品画像をクリックしてご覧下さい。

だいかんにあわせてめぐるろてんぶろ
これ ↑ 普通の道路に出来た水たまりだったりするんだけど(笑)
時々車が通る度にお風呂から出たり入ったりの繰り返し。
ムクドリとスズメが集団でお風呂に入っている感じ。
ちょっと車から身を乗り出してレンズを向けた瞬間に半分くらい飛び去る。
ホントはもっと大量の鳥達のスーパー銭湯的な。

15 ムクドリ (1 - 1)-2

この時なんか、大人しく行儀良くお湯に浸かっている感じだったんだけどね。
手前のスズメはよくいる小さな子供みたいな感じだし。
まぁ平和な露天風呂の光景。
気持ちよさそうに使っていた・・・・のだけど・・

15 ムクドリ (1 - 1)-3

どんどん増えて来て、収拾付かない感じ。
入場制限かけてくれという声が聞こえてきそう。
ホントはもっといっぱいいて、超ごったがえしてたんだけどね。
この景色はおもしろいは~



[作品写真データ]
モデル: ムクドリ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/3200
F値:4.0
露出補正:+7/10
ISO:1000
WB:オート
露出プログラム:シャッター優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

ひあしのぶとおまわりしておなじばしょ
ルリビタキも最初の頃は藪の中に入ったきりだったり、たまに姿を見せても一瞬だったり。
それが最近はだいぶ人に慣れてきたせいか、枝に止まっている時間が長くなってきた。
2秒くらい止まっていてくれればピントも合わせやすい。


15 ルリビタキ (1 - 1)-3

なので、今度はこちらも欲が出て来て、ただ撮れば良いってもんでも無いよなぁ・・
なんて会話が行き交い(笑)
出来れば雪バックが良いねぇ・・とか。

15 ルリビタキ (1 - 1)

こんなの ↑ 最初の頃だったら随分と歓んで撮ってたのに。
数が増えてくると喜びも半減したり。
つくづく贅沢というか身勝手というか・・

15 ルリビタキ (1 - 1)-4

一人だけで撮っていると、ほとんどノートリでこんな ↑ のが撮れたり。
やっぱり鳥撮りは一人が良いねぇ・・・なんて言いながら。
知り合いの方も、一人だったどこまでも寄れたよ、なんて喜んで写真を見せてくれたり。
大砲に三脚だと無理だろうけど、手持ち部隊はこういうの得意だもんね。

で・・・どうやら複数の個体がいるって結論になった。


[作品写真データ]
モデル: ルリビタキ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/500
F値:4.5
露出補正:+1
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

おれたちのみなれたはずのふゆげしき
コチョウゲンボウがいるって話が流れていて。
そりゃ探さなくてはとウロウロとする。
探鳥ってのが多分基本的に好きなんだと思う(笑)

15 チョウゲンボウ (1 - 1)-2

お前はコチョウゲンボウか?なんて聞いて見たけど応えるはずも無く。
背中まで青っぽいチョウゲンボウなんているのかね?
などとブツブツ言いながら、車を流す。

15 チョウゲンボウ (1 - 1)-3

チョウゲンボウより尻尾が短いらしいけど。
そんなの並べなきゃ判んないだろうなぁ・・・
以前はチョウゲンボウだと思ったらコチョウゲンボウのメスだったなんて事もあったし。
丁寧に探せばとこかにいるんだろうなぁ・・・

で、結局こに個体はチョウゲンボウですよねぇ・・・?
識別眼が無い(笑)



[作品写真データ]
モデル: チョウゲンボウ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1000
F値:4.5
露出補正:+3/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

みのたけにつもりしゆきのまえでまう
オオマシコの体長は17㎝と図鑑にある。
まぁ。そこくらいの積雪は楽にあるような(笑)
こうして改めて見ると美しい鳥だ。

15 オオマシコ (1 - 1)-2

普通に考えたら、これ絶対に先祖はスズメだな。
スズメと何かが交配して交配して交配して現在に至る・・・的な(笑)
で、オオマシコの目はなんとなくユーモラス。
悪く言えば間抜けな感じ(笑)

15 オオマシコ (1 - 1)-4

もっと解像させたいなぁ・・・
やっぱりフルサイズに大砲を揃えなきゃダメかな・・・
でも、そしたらこんな場所では撮れないだろうしなぁ・・・
あちら建てればこちら立たずの鳥撮りの世界(笑)


[作品写真データ]
モデル: オオマシコ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/800
F値:5.6
露出補正:+7/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

あつごおりきょうまたひとつふえにけり
トモエガモは初見初撮り。
オナガカモとかヒドリガモとか、凄く近くに来るのに、トモエガモは遠くにいる。
用心深いんだろうなぁ。

15 トモエガモ (1 - 1)-3

とは言え、ちょっと前に比べたらその数は増えている。
どうやって仲間に連絡をとって呼び寄せているのやら?(笑)
去年は一度もここには来なかったと思うんだけど。
どういう理由でここに来る事になったのやら?

15 トモエガモ (1 - 1)-4

もともと、水鳥やカモにはそれほど興味があるわけでは無いけれど。
やっぱりちょっと珍しい類のものは見ておきたいし。
撮っておきたいと思うわけで。

そう思う人は多いのか、日を追ってカメラマンの数も増えているような。



[作品写真データ]
モデル: ルリビタキのメス
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:5.6
露出補正:+7/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ