こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

どうぞ「フォト×俳句」の作品画像をクリックしてご覧下さい。

はじまりはあめのあさからとりのこい
ヤマセミの写真はあまりアップしない方が良いのかなぁ・・
と、勝手に思っているんだけど。
季節が春から夏に動いたのでもう大丈夫かなと(笑)
念のため撮影は一ヶ月ほど前です。

2019.04.11 ヤマセミ (1 - 1)-3

なかなかツーショットが撮せなくて毎年苦労するんだけど。
なんとか数枚は撮影成功しました、
これも毎年の記録というか記憶の補助ってところで残しておこうかと。
年を追う毎に人が増えているような気もするけど。
ここのヤマセミもいつまで来てくれるやら・・・

2019.04.11 ヤマセミ (1 - 1)-2

この位置での交尾ってには初めてみたけど。
自然木の上なのでなかなか良い感じ。
二羽の目が見えているカットはこれが唯一。
色々条件が揃わないと気に入った1枚にはならない。
これだって手前の枝が無ければなぁ・・・と(笑)


[作品写真データ]
モデル:ヤマセミ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1X
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/640
F値:4.0
露出補正:無し
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。


とおやまのあおからあいをなつのとり
本日5月6日は立夏、暦の上では夏だ。
コルリは俳句の世界でも夏の季語。
バーダーの世界でも夏鳥の代表格なのでしっくり感満載(笑)
そのコルリを撮るのもなかなか大変だったりするわけで・・・

2019.05.06 コルリ (1 - 1)-2

この ↑ 写真のコルリは、なんとなくぼんやり遠くを見てたら。
いきなり目の前の枝に停まったんだよね。
かなり近い場所。
咄嗟にレンズを向けて撮ったけど時間にして2秒あるか無いか。
こういう反応が出来る自分を誉めてあげたい(笑)

2019.05.06 コルリ (1 - 1)-3

コルリの撮影に限らずだけど。
今年はキクイタダキとの格闘から随分とカメラワークが上達したと思う(笑)
一瞬をものにすると言うか何というか・・・
これ ↑ だって、多分1秒も無いチャンスだったような。

2019.05.06 コルリ (1 - 1)-4

・・・で、ちょっと反省というかなんというか。
テレコンはダメだなって話。
今回は1.4テレコンをずっと装着しての撮影だったけど。
なんかイマイチ画像が解像しなくて、どこにピンがあるのか判らないような写真。
惜しいなぁ・・・って感じ。
だったら、テレコン無しで撮ってトリミングした方が多分綺麗かと思われる。


中七の「青より藍を」って、単に青藍(せいらん)をイメージした言い回し。
コルリの青って青藍で良いと思うけど、どうなんだろう?
知ったかぶり俳句だな(笑)
全然違ったら超恥ずかしい。


[作品写真データ]
モデル:コルリ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1X
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
シャッター速度:1/160
F値:5.6
露出補正:
ISO:250
WB:オート
露出プログラム:マニュアル
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。





それぞれに更なる高み春めける (1 - 1)
本日(4/25)発売の月刊俳句界5月号の写真俳句で大賞を頂きました。
今年2回目となる大賞の受賞です。
このキクイタダキの写真はお気に入りで。
というかかなり大変な思いで撮影したものだったので。
こうして大賞を受賞という事で報われた感じが(笑)
当ブログでのエントリーは2月26日のものです。

俳句界2019.05


この句を自分で解説すると。
実景としては、キクイタダキを撮影しているカメラマンが何人もいて。
それぞれが、それぞれに刺激し合い、それこそ文字通り切磋琢磨している状態。
最初はただ姿を撮影できただけで満足だったのに、どんどん高みを求めて行った。
現地にいた人達にはとても判りやすい一句なんだけど(笑)

そこに「春めける」という季語を持ってくることにより。
春になってそれぞれの人が人生において高みを目指していく様を重ねた一句です。
キクイタダキが上昇していく写真を取り合わせたのも、日本で一番小さい野鳥である事が非常に重要なポイント。
写真俳句のお手本のような作品でした(笑)



[作品写真データ]
モデル:キクイタダキ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:6.3
露出補正:+7/10
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

はーどるをまたひとつこえはるのあさ
オオルリが到着したとの話をいただいて慌てて現地に赴く。
やっぱり、このオオルリはキビタキから夏鳥がスタートする感じだな。
これから夏の鳥見のシーズンインだ。

2019.04.20 オオルリ (1 - 1)-2

オオルリの写真だけに限らずだけど。
鳥の写真は毎年ハードルが上がって行くわけで。
それはつまり自分の目も年々肥えてきて、同じものでは満足が出来ないって事。
「フォト×俳句」だから俳句で頑張るって手もあるんだけどね。


2019.04.20 オオルリ (1 - 1)-3

まあそれ以上に写真のインパクトを上げるにはとりあえず飛び出しかな(笑)
フルサイズのカメラでなくてOLYMPUS機にしたのだから。
その機能は最大限使い切ろうとプロキャプチャーをカスタムに登録。
それなりに工夫を重ねてはいるわけで(笑)



[作品写真データ]
モデル:オオルリ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1X
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/640
F値:4.0
露出補正:無し
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

みずかさをかすかにあげてはるのあめ
イソシギは初見で初撮りだ。
久しぶりのライファーって事になる。
因みに俳句の世界ではイソシギは秋の季語らしい。
なんでだろ?

2019.04.11 イソシギ (1 - 1)-2

コチドリの観察に行ったのだけど。
なんかコチドリとは違うなあ・・・と。
これは珍鳥に違いない・・・と、喜びながら(笑)
戻ってきて図鑑で確認したらイソシギだった。
何はともあれ、どこででも観察出来る普通種。

2019.04.11 イソシギ (1 - 1)-3

普通種と言ったって、今まで一度も見る事が出来なかったんだからねぇ。
たいしたもんだ(笑)
もっぱら山の小鳥がメインなので水辺の小鳥はこれからか?

2019.04.11 イソシギ (1 - 1)-4

河原を散策しながら日がな一日を過ごすなんて贅沢かもなぁ・・・
今は仕事の空き時間だったり移動中で忙しく写真を撮っているけど。
そのうち、もっとゆったりと探鳥ってのも理想的かも。
暇つぶしには持って来いの趣味である事は間違い無い(笑)



[作品写真データ]
モデル:イソシギ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1X
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/640
F値:4.0
露出補正:無し
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。


このページのトップヘ