隠れ家の珈琲薫る梅雨入りかな
順調に入選を続ける信濃毎日新聞の「フォト×俳句」。
今回も坊城俊樹先生に選んでいただけた。
坊城先生のコメントはこちら ↓

24_R

ずっと入選が続くと贅沢なもので、嬉しいというよりホッとしたりして。
入選じゃなくて優秀賞が良いなぁ・・・とか。
次のステップは毎回優秀賞で選ばれることかな。
とすると、一ヶ月に4人という狭き門だ。

実は去年の途中からこの「フォト×俳句」のデータを取っていたりして。
似たようなメンバーが毎月しのぎを削っているのである。
半年の間に優秀賞を3回取っている人が最多だったような。
自分は1度しかないのでまだまだ。

この句だけど、ちょうど梅雨入りの頃に作ったもので。
作品掲載までの仕組みとして仕方ないけど、梅雨明けのタイミングで掲載されるってのも、なんだかなぁっておもってしまう。
これからは、選ぶ季語をそのシーズンを通して使えるものにしておこうかな(笑)


[写真解説とデータ]
カメラ:RICOH GR
露出時間:1/40
絞り:4
F値:f/4
ISO:400
WB:自動
露出プログラム:絞り優先 
露出バイアス:±0





 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。