一音も浮かぶもの無き油照
信濃毎日新聞に投稿して選外になった作品。
良く見れば、この写真はボケボケだな(-_-;)
よくこんなので出したものだと感心してしまう。

信毎の投稿も、一度に3作品と決めている。
特に投句制限は今のところ無いけど、やっぱり3作品までが限界かな。

この信毎の「フォト×俳句」は一ヶ月かけて発表されていくので、自分の作品のどれが入選しているのか。
あるいは全ボツかが判るのはその時になる。
今、この記事は遡って書いているので今月は他の作品が採用されたのでこれは多分ボツ。

一人の人の作品が複数掲載されることは私が知る限りでは無い。

ところでこの写真だけど、こいうバラックというか朽ちているような絵はとても好きなジャンル(?)だ。
あちこちの街を散歩しながらこういう絵を見るとレンズを向けたくなる。
森山大道さんとはチョイと毛色が違うような気もするし同じような気もする(笑)


 [写真解説とデータ]
カメラ:RICOH GR
露出時間:1/20
絞り:3.6
F値:f/3.5
ISO:800
WB:自動
露出プログラム:絞り優先 
露出バイアス:+0.3



 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。