お茶請けに色鮮やかな冬紅葉     山走子
おちゃうけにいろあざやかなふゆもみじ

R0015328.JPG

自分で作っておいて言うのもなんですが。
これだと「冬紅葉」っていうお菓子の宣伝みたいな感じですなぁ(笑)

時間や場所を写真の中に入れ込んで作る作品。
これもまた「フォト×俳句」というより「フォト俳句」なのかな。
だとすると、やっぱり自分は「フォト俳句」が結構好きかも。

写真と俳句で一つの作品とする。
写真だけではダメ、俳句だけでもダメ。
二つ足されてこそ描かれ味わえるみたいなもの。
こっちもありかなぁ・・・

純粋芸術ってよりは、もう少し砕けた方向性。
それを見た人が『あ~っ』って(笑)

まぁ、それほど精密な定義づけも必要ないと思うけど。
個人で楽しんでいる分にはどっちでも良いわけで(笑)
コンテストなんかで入賞狙う時はそれ様に創れば良いんだしね。

[俳句解説]
ちょうど3時のおやつの時間に撮した写真。
写真に写り込んだ時間を使って俳句をひとつ。
「色鮮やかな」ってのが陳腐だな・・・
ここを、どうにか違う表現出来るようになると、次のステージに行けるような。

[写真解説とデータ]
カメラ:RICOH GRDⅣ
絞り:4.5
シャッター速度:1/290
WB:自動
画像設定:ノーマル
露出補正:±0

解放値が f1.9というカメラなんだけど、どうやら解放値で撮影するとピント合わせがシビアになるらしい。
と、立ち読みした情報で少し絞り込んで撮影するようにした。
もっとも、その違いが体感できているわけではない(笑)





にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。