モネの絵の光も秋の色にあり
土曜日に山岳ロードを延々と走っている最中に見つけた景色。
あれ?これってどこかで見たような景色だけど、なんだっけ?
と、しばらく自分で考えていて。
そうだ・・・モネの睡蓮

では「フォト×俳句」に仕上げようと、走りながら考えた俳句。
最初出来たのは、
★あのねのねもねのねあきの光あり★山走子
 いくらなんでもこれは俳句じゃないだろうと(笑)
まぁ、そうは言っても有季定型だから一応俳句と呼んでも良いのかな?とか。

相変わらず、俳句と俳句以外の十七音の境目がイマイチ解らない。
「秋の色」でも「夏の色」でも「春の色」でもなんでも行けちゃいそうだけど。
もともと、モネの睡蓮の絵って季節はいつなんだろ?
そういう教養が無いと俳句には出来ないんだろうな(笑)


 カメラ:RICOH GR
露出時間:1/40
絞り:3.6
F値:f/3.5
ISO:100
WB:自動
露出プログラム:プログラムオート
露出バイアス:±0
フォトレタッチ 撮って出しのJPEG


 
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。