こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

2013年12月

軽々と日向広げる冬の蝶
ここのところ、ことごとく落選が続いていただけに。
これはフォトコン1月号の入選作品です。
今年最後に雑誌に掲載されて嬉しい。

ただ、これ投稿したのが随分前なので、自分でも忘れている。
まぁ、今はそのくらいで丁度良いのかな。
選ばれる選ばれないでどうしても一喜一憂してしまうけど。
今は、選ばれたら何かの間違いで選ばれなかったらそれだけの事。

最近ようやく俳句の勉強の仕方がなんとなく判ってきた。
俳句が判ったのではなく、俳句の勉強の仕方。
しかも、完全に判ったわけではなく、何となく・・・(笑)

まず、とにかく実作ありき。
そして、過去の佳句をいっぱい読む。
当たり前な事だけど、やっぱこれなんどうな。

自分の作った俳句が届かない理由を自分の言葉でもう少しで表現出来そう。
あと少しで第1ステージをクリア出来そうなんだよねぇ・・・・


[俳句解説]
立冬が過ぎて寒くなってきたけど、日差しがあれば暖かい。
この季節は陽が当たっている場所とそうでない場所で随分差がある。
蝶々が飛んでいる軌跡を追うと日向が拡がっている。


[写真解説とデータ]
露出時間:1/810
絞り:5.3
F値:f/6.3
ISO:80
WB:自動
露出プログラム:絞り優先
露出バイアス:±0


[何故この写真をこの句に合わせたのか]
どっちが先だったか忘れたけど、「軽々」に対してローラーの重さ。
芝生の中にはタンポポみたいな花もいくつかあったんですよ。
そして、写真には写ってないけど実際に蝶々が飛んでいました。





にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

向こうから誰か手をふる冬野かな
まいまいクラブに出すも今週も選外・・・・
ちょいとへこむ。
俺って俳句の才能が皆無か?
とさえ思う。


角川学芸ブックス 新版 20週俳句入門
藤田 湘子
角川学芸出版
2010-04-21


などと思って、この本を読み返していたら見事にそいう状態を見透かすように。
「・・・俳句を作り始めのころは、とにかく無我夢中だからそんなことはないけど、作句をはじめて三ヶ月四ヶ月とたってくると、必ず、「私は俳句をつくる素質があるだろうか」と悩む人が出てくる。」
と、書かれている(笑)

で、どうするかと言うと。
「だまって一生懸命作句をつづけなさい。素質があるかないかは、作句をつづけるかつづけないか、と同じ意味です・・・・ヨーイドンしたばかりで素質云々なんてことは、言ってもせんないことなのですね」
となる。

どこかで湘子先生が見ているのか?って感じでの記述。
おそらく誰もが通る道筋なんだろうな。
ともかく、今は良いも悪いもないので、ひたすら17音を並べ続ける事が大事だな。

[俳句解説]
季語 冬野
これはこの写真の現地に立ったときに何となく、遠くに人がいるような。
そんな気がしたのでそのまま作ったモノ。

[写真解説とデータ]
露出時間:1/810
絞り:5
F値:f/5.6
ISO:80
WB:自動
露出プログラム:絞り優先
露出バイアス:-0.3


[何故この写真をこの句に合わせたのか]
まいまいクラブは、写真と俳句の関係をそれほど重視していない。
ので、まぁ、写真の説明を俳句でしている。って感じかな。





にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

枯野より船漕ぎ出して大海へ
またもや、俳句ポストは「並」だった。
「人」になるまでの長い長い道のりを辿っている最中だ。
思うに、下五は名詞による言い切りの形にした方が俳句らしいかな。
あるいは「かな」などの切れ字を用いて、とにかく言い切る型を作ろうかな。

俳句と短歌の違いの説明で俳句は言い切る事が大切だと書かれていたような。
基本的に散文が好きなので、その部分に関しては自分を律する必要あり。

とは言え。
最近は友人とこの俳句ポストの投句をかなり楽しんでいる。
入選するに越した事は無いけど、まぁプロセスはかなり面白い。
誰でもとりあず、即それらしい作品になるのが俳句の良い所だ(笑)

[俳句解説]
これは、数句出したうちで一番の空想作品。
兼題の「枯野」で悩んで色々調べてたら古事記に出てくる枯野船ってのを見つけて、
苦し紛れで17音にしたもの。
これが「並」ってことは他の数句はそれ以下って事なり(泣)

[写真解説とデータ]
露出時間:1/90
絞り:4.6
F値:f/5
ISO:80
WB:自動
露出プログラム:絞り優先
露出バイアス:±0


[何故この写真をこの句に合わせたのか]
俳句ポストは俳句のみなので、これは後から付けたもの。
まぁ俳句の説明ですね。





にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

クリスマス食傷気味の物語
相変わらず、五七五を並べると川柳っぽくなる。
もともと思考が川柳向きなんだろう(笑)
たまたま信濃毎日新聞に掲載されてたのが「フォト×俳句」だったので俳句を始めたけど。
それが「フォト×川柳」だったら、川柳創ってたんだろうな・・・・

この句を、より俳句っぽくするには中七を替える必要がある。
下五の「物語」をどんな物語だと表現すれば俳句になるのか。
多分、ここで美的センスが問われるんだろうと思う。
俳句はより美を求めているのだと思う。

とすると・・・・ってとこで思考が止まるんだよなぁ・・・

それが判ってるって事は、そこにアプローチすれば良いわけで。
そういう意味では伸びしろがあるぞ。
と、自分で自分を慰める。


[俳句解説]
クリスマスまで一週間というこの時期になると、各メディアがこぞってクリスマス特集。
多くは、恋人達の物語なわけで。
そっとしておいてくれって感じ。

[写真解説とデータ]
露出時間:1/153
絞り:4.6
F値:f/5
ISO:80
WB:自動
露出プログラム:絞り優先
露出バイアス:±0


[何故この写真をこの句に合わせたのか]
サンタクロースの風車とその後ろにはうるさいほどのたこ焼きの張り紙。
張り紙でうるささを表現しようと思った。





にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

本当の事言えぬまま山眠る
17音で表現していく中で、一文字で随分悩む。
もっとも悩むって事は言いたい事がはっきりしていない事の現れでもあるが。
「言えぬまま」と「言わぬまま」で、どっちが良いのかな?

「言わぬまま」だと、そこに意思があるわけで。
「言えぬまま」だと、一歩引いた感じがある。

そもそも、それほど思い入れがあるわけでも無く。
何となく言葉を並べているだけだから、仕方無いって言えば仕方無い。

自分としてはどっちを表現したいのだろう?って延々迷う。
もっとも、どこかに投句する作品でもないので。
両方もっておけば良いわけだが(笑)

日本語って面白いものだなぁと、しみじみ思う。

[俳句解説]
口に出して言って欲しいという、人の相談にのっていたときに。
一方の当事者の気持ちを俳句にしてみた。
「山眠る」という季語はとても好きな季語の一つ。
この言葉を使ってみたかった。

[写真解説とデータ]
露出時間:1/1000
絞り:2.6
F値:f/2.5
ISO:80
WB:自動
露出プログラム:絞り優先
露出バイアス:-0.3


[何故この写真をこの句に合わせたのか]
本当は言いたい思い、真っ直ぐな思いを冬の木立で表現。
そして全体の絵で「山眠る」を表した。




にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ