こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

2014年04月

傘閉じて見上ぐる空や桜まじ
まいまいクラブで選外になった作品。
「桜まじ」と言ふ季語を使ってみたかった。

これを投稿した時は中七は「見上げる空や」としてしまった。

2014-05-01_0913

そう言えばと思い出したのだが。
文語文法だと「見上ぐる空や」が正解だと組長(=夏井いつき先生)に確認した。

2014-05-01_0911

俳句ポスト兼題「巣箱」の方が先に作っているはずだから。
確認しながら間違えた事になる(泣)
情けないな~
まだまだ勉強が身についていない証拠が露呈してしまった。
精進精進。

[写真解説とデータ]
カメラ:SONY RX100
露出時間:1/100
絞り:
F値:f/5.6
ISO:125
WB:自動
露出プログラム:プログラムオート
露出バイアス:±0




にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

蠢きて眠れぬ夜や蛍烏賊
俳句ポスト兼題「蛍烏賊」で並に選んでいたいだいた作品。
この句はひょっとして「天・地」イケるんじゃね?などと目論んだのだが結果は「並」
しかも今週も「並」に二句入れていただいた。
こういう現象をみると「並」も選外ではなく入選なのか?と再び考えてしまう。
自分の中で「並」=「ボツ」なのだが実際のところこれ以外のものも投句しているので「ボツ」ば「ボツ」として存在してはいる(笑)

自分の思考パターンを崩すにはやっぱり昨日書いた30句作るというのは効果的な気がする。
コーチングセッションでクライアントにあなたの「リソース」を20個棚卸して来ることという宿題を昔はよく渡していたものだ。
この20という数も思考パターンを壊すためのものだったけど。
経験上多くの人は7つ位はすぐに出てくる。
その後苦労して13~15くらいひねり出す。
そして20を超えるといくらでも出てくるというパターンが存在していた。
俳句もひょっとするとそうなのかもと思う。

今週の兼題は「守宮」だ。そもそも「ヤモリ」って読めないし(笑)
自らの思考パターンを壊すにはもってこいの兼題である。
来週まで必死で30句作ると誓うのであった。


[写真解説とデータ]
カメラ:RICOH GR
露出時間:1/40
絞り:3.6
F値:f/3.5
ISO:140
WB:マニュアル
露出プログラム:絞り優先モード
露出バイアス:+0.3






にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

痛風の足を引きづり蛍烏賊

俳句ポスト兼題「蛍烏賊」
水曜日お便りコーナーも毎週増殖しているような気がする。
どうせなら私も一兼題五曜日制覇というのをやってみたいような(笑)

それはさておき、今週のお便りコーナーを読みながら一つ気付いた事がある。
私は俳句結社には属しておらず、結局のところ独学で俳句を学んでいる状態。
まだ俳句というか「フォト×俳句」を始めて9ヶ月というところなのだが。
俳句上達の基礎トレーニングを組長(=夏井いつき先生)から示されたような。

それは、なにかと言えば一つの兼題に対して30句作ること。

30句

組長が上のコメントのように30句を連発している。
俳句は多作多捨が上達の秘訣だと言われているけど具体的にどういうことなのか解らなかった。
単純に数多く作ってそれを捨てるというくらい。
組長のコメントを読んで、なるほど30句なのかと一人で納得。

早速、痛風30句を試みるもなかなか出来ない。
やっぱりこれがトレーニングなんだな。
類句類想からの脱却というか、自分の枠を超えるためには頭の中を一回空っぽにする必要がある。
30句作ろうと思うとそのプロセスの中でかなり鍛えられるようである。

というわけで、今後は俳句ポスト毎週の兼題についてとにかく30句作ってみようと思うのである。


[写真解説とデータ]
カメラ:SONY RX100
露出時間:1/125
絞り:
F値:f/5.6
ISO:125
WB:自動
露出プログラム:絞り優先モード
露出バイアス:±0



にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

本当の色はどの色桜色
RICOHのGRを手に入れてから様々設定をためしている。
かなりカスタマイズ可能なコンデジなのである意味どうにでもなる。
これだけのサイズの筐体にAPS-Cセンサーを入れているって凄い事。

そんなGRで曇りの日に撮した近所の公園の桜。
この絵だと雪のようにも見えたりして。
この設定はプロのカメラマンがGRで曇りの日ようにしている設定をそのままやってみた。
こりゃ面白い。

・・・が、これだけいじった作品ってのはコンテストとかに出したらどうなるんだろ?
素朴な疑問。
カメラって本格的にやっている人達はRAWで撮影してフォトショップなので加工するのが普通らしい。
私のような方法は「撮って出しのJPEG」と呼ぶみたいだ。
残念ながら今はフォトショップを持っていないのだけど。
それがスタンダードだとすればそうしようかな・・・とか(笑)

でもなぁ・・こういうのを見るとそれもどうなの?みたいな。




写真ってのはどこまでが自分の作品だと言えるんだろうね。
加工しまくったらこの動画みたいな話しになるわけで(笑)




にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

初花のやはらかなりし寝顔かな
フォトコン5月号の入選作品です。
自分で選んだ中ではかなり上位に入るお気に入りの作品であります。
俳句にしても「フォト×俳句」にしても、自分が良いと思うものを必ずしも選者が選んでくれるとは限らないので、自分が気に入ったものが選ばれるとかなり嬉しい。

この作品は写真が先に出来て、どんな俳句をつけようか相当悩みまくったもの。
「並ぶ」とか「未来」とかそういうニュアンスを入れたかったけど出来なかった。
「フォト×俳句」はほんとパズルのようでやりがいがある。

しかし、こうしてみると雑誌掲載は時期がちょっとずれるんで感慨深いというか何というか。
間違い無く季節は動いているのだなと思ってしまう。
春夏秋冬のある日本に生まれた事に感謝だな。

[写真解説とデータ]
カメラ:SONY RX100
露出時間:1/160
絞り:
F値:f/8
ISO:125
WB:自動
露出プログラム:絞り優先モード
露出バイアス:-0.3




にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ