こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

2015年02月

アオジ メス (1 - 1)

クロジの雌。
この手の鳥、つまりスズメに似た種類を一目で区別出来るほど鳥見のキャリアが無い。
最初は、それこそスズメか?
と、思いながら、でもスズメとは違うなと。



頬に所に黒い斑点があるのがスズメの特徴。
この子にはそれが無い。
さて、するとこの子は誰?


 
サイズはスズメサイズ。
これは明るく写ってはいるけど、藪の中。
こういうの見つける瞬間って楽しいんだよね〜(笑)



アオジにも似ているけど、色が無いしなぁ・・・
まてよ?アオジの雌か?と現場で納得。

しかし、戻って図鑑を一生懸命に探すと。
どうやらクロジの雌だと確定。

鳥は、オスとメスでも色や模様が違うから慣れるまでにはまだまだ経験が必要だ。

 

アオゲラ (1 - 1)

アオゲラ 秋の季語 「啄木鳥」の傍題で「アオゲラ」

啄木鳥という鳥はいないと言う事を最近知った(笑)
だいたい「アカゲラ」「アオゲラ」「コゲラ」なんかを総称してキツツキと呼ぶ。



森の中に入って行くと、啄木鳥の木を叩く音が響いている。
その瞬間のワクワクする事と言ったら(笑)



アオゲラを初めて見たときは驚いた。
なんか頭が赤い鳥がいるぞ!みたいな。



残念ながら、まだアカゲラを見た事が無いんだよね。
次に見たい鳥の一つがアカゲラだな。




アオゲラもなかなか色合いが綺麗な鳥ではあるのだ。




ダイサギ 夏の季語
どこに行っても見ることが出来る大型の鳥。
動きが遅い。ってか止まったまま。
アオサギほどでもないけれど(笑)


 
なので、飛んでいる所を撮る練習にはもってこいかと。



ダイサギやアオサギは被写体が大きいし遅いから飛翔シーンはまぁまぁ追える。


 
白い色したサギは「コサギ」「ダイサギ」「チュウサギ」といるけど。
ダイサギちチュウサギの違いがイマイチ解らない。
ただ、冬のこの時期にチュウサギはいないらしいのでダイサギとしている(笑)






サギは比較的に見る事が出来やすい鳥だし、写しやすい鳥。
まぁ、自分が好きなのは小鳥なんだけどね。




ベニマシコ (1 - 1)

ベニマシコ 季語にはなっていないようだ。

以前に初めてオオマシコを見たとき。
その場に居合わせた方々が、ベニマシコが来た!ベニマシコが来た!と騒いでいたけど。
あれから、何度もオオマシコとベニマシコの写真をみる機会があって、今は完全にその違いが理解できた。
判ればそれほど難しい話しでもない。



枝被りしないようにしながらシャッターチャンスを狙う。
なんか、潤んだ瞳が可愛い。








うまい具合に枝から出て来てくれるものだ。
ここは少し待って上げることが大事。

この子も雀の変形なのかなぁ?

ウソ (1 - 1)

ウソ 春の季語
なるほど〜 確かにこの鳥は春って感じがするな。



青空に映える、春の鳥。
人を怖がらないのかも?



結構近くまで寄る事が出来た。
一心不乱に木の芽を食べているのかな?


 
木の芽ってか枝か?(笑)



カメラの性能云々もあるけど、どれだけ足で寄れるかだな。
鳥に警戒されない人間にならなきゃね(笑)


 
枝の端っこの方に出て来てくれ〜
って、念じていると案外来てくれたりとか。
時々ピントが急に合わなくなる現象はなんなんだろう?



この鳥もやっぱりメスはオスに比べると少し地味なんだよね。



これが ↑ メスのウソ。
襟元のピンクが無いのが気の毒なような。

鳥の写真も初見の時はとにかく多少ピンボケでもよいから識別出来る程度に写ってさえいればと。
焦りながらシャッターを切る。
次からは構図とか光とか考えて絵としてのクオリティを求めようかな。

どうしても、日の丸構図で少しでもアップにと写してしまう。
アップにすれば良いというものでも無いだろうし(笑) 

★鷽鳴くや麓の村の照り曇り★和田明子
★早起きの鷽が琴弾く父の山★黒田杏子


 

このページのトップヘ