こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

2015年02月



アオサギ 夏の季語

これは、自分で撮ってみたもののかなり衝撃的な絵になっていた(恐)
元々目つきが怖いにのこんなのを咥えていたら余計ホラーだな。


 
アオサギってサギの中では最大クラスのものとの説明。
特徴はとにかく動かないで、その場所にジッとしている。



だいぶ趣は違うけど、こちら ↑ も多分アオサギで合っていると思われる。
サイズは大きいし、ジッとしているので近くから案外撮影可能。
飛翔シーンもゆっくりだから、カメラの練習にはなる。



考えてみると、アオサギってそこかしこで見かけるような(笑)
つまり行動範囲が広いのと堂々としているって事かな?


 
アオサギはそういう理由で最初の頃は喜んで撮影してたんだけどね。
あまりに頻繁に遭遇するとありがたみが無くなるというか。
それほど、可愛いって感じでも無いし。



ここにアップしたから、今後はそれほど狙う事もないかもね。
飛んで行く〜




それにしても、鳥が俳句の季語になっているケースは多い。
というか、ほとんどが季語と言ってもよいくらい。

ここで問題になるのは初見の時期と季語の季節がづれているってこと。
アオサギなんて年中見れるのに夏の季語ってどうやって覚えるんだろ?
繰り返し認識するしかないんだろうな。

まぁこの作業が俳句の実力向上に繋がる事を夢見て。



 



右側が「ツグミ」で左が「ハチジョウツグミ」と言われる鳥。
これはツグミの亜種で、まぁまぁレアな部類らしい。


 
最初に見たときに、これはシロハラかな?と思っていたけど。
そうではなくて、珍しい鳥だと教わる。

膨らんでいるのは寒さのせいかな?


 
鳥の写真の面白さは、これみたいに ↑ ほんの一瞬を撮せるところ。
人間に言わせたいことを、この子に代弁させても良いかもしれない。
口を開けた表情なんかは、いくらでも台詞が想像できて面白いかも。


 
奥がヒヨドリで手前がツグミ、真ん中がハチジョウツグミ 。
八丈島のハチジョウでもないらしい。
で、色の濃さでサンジョウとかヨジョウハンとか言われているとか。
真っ赤なのがたまにいて、それはハツジョウツグミだとか(笑)

ツグミは色々な亜種もいたり個体差があるので、丁寧に見つけると面白いとか。

そして、ツグミは秋の季語。
傍題には「チョウマ」「シロハラ」があるみたい。

★逆落とす鶫の群れや霧の穴★水原秋桜子
★つぐみ哀れおくれかかりし一羽あり★高浜年尾


そうそう、野鳥を趣味とするSNSに入ったのだけど。
雪がバックというのが貴重らしい。
我が家の周りだと、それが当たり前なんだけどね。
都会だと、雪+鳥 ってのは完成度が高いとか。


 



トビは良く見るのだけど。
トビ意外の猛禽類って全然撮した事が無い。
本日偶然、ノスリに遭遇。



最初見つけたのはリンゴ畑。
なんか大きなものが枝の上にのっかているけど鳥かな?なんだろ?
って感じで近づいたら猛禽らしき姿。



トビにしては白いなぁ。
なんだろ?とにかく撮しておかなきゃ。



小鳥よりは近くまでよれたけど、気がつかれて逃げられた。



次は電柱バックじゃ、絵にならないなぁ・・・



絶対にトビじゃない筈と、友人に鑑定依頼(笑)
で、ノスリ決定!

喜んで移動中に上空を猛禽ちゃんが。



うわ〜尻尾の形からして絶対、これもトビでは無いはず。
とにかく連写連写。



幸いにも旋回しているので、なんとかカメラに収まる。
ずっと、カラスや鴨で練習していた甲斐があるというものだ(笑)



首が痛くなるのと、太陽に近いので目が眩しいのと。
それでも、とにかく頑張って撮す。



そして、遙か彼方へ消えて行った。
これらの画像も鑑定依頼(笑)
で、ノスリと認定。
今日の猛禽撮影はメチャメチャ満足度高し。

さて、このノスリだけど。
「鷹」の傍題で冬の季語でした。

「鷹」「モロガエリ」「ノスリ」「チュウヒ」「ミサゴ」これらが一纏めです。
鳥見がもう少し落ち着いたら、しっかりと俳句をつけて行こうと思います。
なんせ今は初見の鳥ばかりなので見てるだけエキサイトしてしまって俳句どころでは無い(笑)






なんと言いましょうか、インパクトのあるお顔でございます。
この子がヒレンジャク。



羽根のとろこに赤いラインが入っているので緋色って事なのかな。
同じ顔している鳥で、ここが黄色いのをキレンジャクと言います。
残念ながら黄色はいませんでした。
戦隊もののようです(笑)



雪絡みの写真は露出設定が難しい。
基本的にプログラムオートで撮っているのだけど。
フォーカス当てる場所が変わるとチョット変わるみたい。
目一杯ズームを効かせているのでJPEGでしか撮影出来ないのが痛い。



それにしても、ポケモンのキャラクターのように見えるのは私だけでしょうか。
当然今までだって存在していた鳥なんでしょうが、こうして興味を持ち始めると鳥って面白い生き物だとつくづく感じます。


そして調べたら、「連雀」は秋の季語のようです。

★緋連雀一斉に立つてもれもなし★阿波野青畝
★恵那山は雲被りて深し緋連雀★皆川盤水

 



仕事の移動中に、なんかバードウォッチングしているらしい人を発見。
で、その人のレンズの先に、移動(笑)
そしたらこの鳥が沢山存在していた。
名前は「タゲリ」という。
人生初見かな(笑)


 
何と言いましょうか、目がクリクリしていて結構可愛い。
アップで見てみましょう。


 
個体差もあるんだろうけど、この子は ↑ メッチャ可愛いぞ。
メスかな?
で、こっちは多分オスだとおもうんだけど。


 
どっちも、ヘアスタイルがいかしてるぜ。
こんな鳥がいるんだね〜
知らなきゃ知らないよね。


 
背中は緑っぽい色で、お腹は白い。
しっぽもこうみると白いですね。
飛んでる姿はカモメにも見えたりして。



田んぼで何を食べているんでしょ?



 世の中にはこんな鳥もいるんですね。
まぁ豊かな世界だ。

って・・・ここまで、もしかしてと歳時記を調べたら冬の季語でした。

★山影の遠のいている田鳧かな★鷹羽狩行
★田鳧くる田のひこばえの狐色★沖島たづ

むむ・・・ひょっとして鳥って全部季語なのかなぁ??

 

このページのトップヘ