こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

2015年03月

ホオジロ (1 - 1)-5

ホオジロ 春の季語
そうだよね〜 これぞ春の季語って感じがする。
山でも川でも、高らかに気持ちよさそうな鳥の鳴き声がしたらホオジロだと思えば良いと思います。

ホオジロ (1 - 1)-6

どこから、あんな大きな声が出るのだろう?と思わせる。
声量と澄んだ声の持ち主。
サイズはスズメとだいたい同じくらいかな。

ホオジロ (1 - 1)-4
 
この写真 ↑ のように、案外と枝などの先端付近に留まってくれたりします。
というか、明るい場所がこの子は好きなんだと思うわけで。
ふむふむ・・・自分でこう書いていて俳句の種がいっぱいだなと思ったりする(笑)

ホオジロ (1 - 1)-2
 
こういう絵も結構な割合で撮れるのが特徴?かな。
枝に囲まれているようでいて、しっかりと窓がついているとでも言えば良いかな?
もう一枚 ↓ こっちも似たような絵になってます。

ホオジロ (1 - 1)
 
熱唱してんだよね ↑ この子(笑)
春だな〜って感じですよ。
フィールドを歩きながら、ホオジロの声を聴く。
その時の空気に感じだとか足元の感覚を感じる。
俳句が生まれてくるような、そんな気がする。

けど・・・出来てません(爆)

 

モズ (1 - 1)

シャッターを押しながら。
何か変だな何か変だなと思いながら撮影を続ける。
どうやっても綺麗な絵にならない。


 
おかしいなぁ・・・と、設定を見ると。
ISOが1600になっている。
やっぱりこのカメラはISO800位が限界のような気がする。
1600で撮した絵はなんだか、それこそ写真でなくて絵画のようになる。


 
ようやく気がついて設定を直すのだけど。
鳥撮りの難しい所は、とにかく鳥は自由に動き回るって事だ。
すぐに、そこにはいなくなってしまう。

なので、やっぱりISOの設定はオートにしておくのが一番無難な気がする。
それか、いっそのこと常にマニュアルで撮影するようにして、都度それぞれの設定を確認する癖をつけるとか。
まぁ、写真は写真でなかなか難しいのである。

 

ムクドリ (1 - 1)

ムクドリ 秋の季語
ムクドリを見てもそれほど可愛いという感情は湧いてこない。
それほど珍しい鳥というわけでも無くどこにでもいる。


 
名前と顔を図鑑で一致させた時に、ちょっとその絵柄にビックリした。
長野の市街地ではムクドリが大量発生して怖い事になっている。
残念ながら、その絵は無いけど空が真っ黒に覆われてしまうのである。


 
人に慣れているのか、そもそも人を怖がらないのか。
かなり近くまで寄る事が可能な鳥の一つ。
だからといって積極的に撮してみようという気持ちにもなれず。
まぁ、ワンカットあれば良いかな。みたいな(笑)



コゲラ (1 - 1)

コゲラ 「啄木鳥(キツツキ)」秋の季語の傍題に「アオゲラ」「アカゲラ」「ケラ」とある。
この「ケラ」ってのが「コゲラ」の事だと思われる。

コゲラは山にも川にも見る事が出来る鳥だ。
木を叩く音が聞こえればだいたいコゲラがいる。


 
器用に突っついて中の虫など食べているのだろう。
それほど警戒心が強いってわけでも無さそうで、案外近づくことが出来る。


 
コゲラのオスは後頭部に赤いリボンが見えるらしい。
ただ、なかなかこの赤いリボンを確認する事は難しい。
写真の撮り方なども関係するようで。
その事を聞いてから注意して見ているのだけどハッキリとわかる赤いリボンにはまだ出会っていない。




コゲラに限らずだけど、鳥って重力に逆らうような格好を平気でする。
こんな感じ ↓



頭に血が上るとかって無いのかな?
などと思うのだが、大きなお世話だろう(笑)




案外、見やすい鳥の一つなので、今度はしっかりと背景などを気にして。
よりクオリティの高い写真を撮ってみたいなとも思う。
初見の鳥はどうしても証拠写真をと焦るので。
まぁとにかく日の丸構図で姿だけをってシャッターを押すけど。
そろそろ、普通に出会える鳥たちは一巡してきた感じなので次の段階に移ろうかな。

 

キセキレイ (1 - 1)

キセキレイ 秋の季語「セキレイ」の傍題

「ハクセキレイ」「セグロセキレイ」と並んでこの「キセキレイ」も歳時記に載っていた。
黄色い鳥というか、色のついた鳥を見つけるとテンション上がるなぁ(笑)
どこにでもいるって言われたけど、全然会えなかった鳥。



この子も綺麗な声で鳴くのであった。
そして、ハクセキレイほどでは無いけど、チョコチョコと歩いている。
その姿に萌える。


 
最近見つけたこの場所。
なかなか鳥の種類が多くて楽しめる。
小鳥を色々眺めている最中に上を猛禽が突然現れたりするし。


 
キセキレイはハクセキレイほど人慣れしてない。
近づくとすぐに逃げてしまう。
ハクセキレイのつもりでいると撮影は難しい。
ってか、この子が特別に警戒心が強いのかもしれない。
まぁとにかく初見なので嬉しいのであった。


 
この写真 ↑ とか見ると、なんか痩せてて細く見えるけど。
たまたまなのかな?
野鳥って面白いのは、だいたい同じ時間に同じ場所にいるってこと。
縄張りが決まっているんだろうな。

もう少し近くで大きく鮮明に撮ってみたいものである。


 

このページのトップヘ