こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

2015年05月

サンショウクイ 戸隠 (1 - 1)

サンショウクイ 歳時記には掲載無し。
図鑑によると「絶滅危惧Ⅱ類」だそう。
まぁ写しているときは、そんな情報を持って無いので取りあえずパシャパシャ。

サンショウクイ 戸隠 (1 - 1)-2
 
後になって色々調べると「サンショウクイ」ってのは見る事が中々出来ない鳥。
しかも見られたとしても高い枝の上にいる事がほとんだらしい。
なので、この一連の写真は結構貴重とか。

サンショウクイ 戸隠 (1 - 1)-3
 
まぁ、鳥運はかなりある方だと自覚してきた今日この頃(笑)
次々に人から羨まれるような鳥を撮っているらしい。
知らないってのは逆に幸せな事かもね。

ついでにホバリング写真まで撮れたのでアップしておきましょう。

サンショウクイ 戸隠 (1 - 1)-4
サンショウクイ 戸隠 (1 - 1)-5
サンショウクイ 戸隠 (1 - 1)-6
サンショウクイ 戸隠 (1 - 1)-7
サンショウクイ 戸隠 (1 - 1)-8
サンショウクイ 戸隠 (1 - 1)-9

 
天気が良くて光りさえあればコンデジだって手持ちでこのくらい撮れますよ。
と、自慢したくなる。
撮影はすべてPanasonicのFZ1000です。

ホントはCanonの7DⅡとか欲しいのだけど。
まぁこれくらい撮れたら費用対効果を考えると妥当かなとか(笑) 

コルリ (1 - 1)

コルリ 夏の季語(三夏)
季語ってのは歳時記によって随分違うんだけど。
このコルリに関して言えば。
「講談社 日本大歳時記」では見出し季語として掲載。
「角川 俳句歳時記」では「大瑠璃」の傍題として掲載。
「小学館 日本の歳時記」では掲載無し。
と、結構な差があるものである。

コルリ (1 - 1)-3
 
この鳥を俳句の季語として詠もうと思った時。
どうすんだろう?(笑)
というか、ここ半年くらい鳥見を続けて来て思うのは、本当に鳥って季節を告げる生き物だと言う事だ。
吟行に出かけてたまたまコルリを見かけたとして。
それを十七音に表す。
それはその人にとっての事実って事なんだろうな。
だからこを価値があるのかな。

★歯朶くらし小瑠璃のこゑのまろびくる★水原秋櫻子

さすがだなぁ・・・などと妙に感心しちゃったりして。
水原秋櫻子ってバーダーか?(笑)
鳥を題材にした俳句を創ったとき読み手にバーダーがいるとやっかいかもな。
適当な十七音だと突っ込みが入りそう。
まぁ、鳥だけに言える事でも無いだろうけど。
なんか、また少し俳句の理解が深まった気がしてきた。

コルリ (1 - 1)-2
 
それにしても、コルリって割と人を警戒しないようである。
今回の写真なんかは、その距離1メートル位かな?
オオルリだとそういうわけには行かない。
などという情報も句作には関わってくるのかな?(笑)

ともかく、オオルリやコルリって青と白のコントラストがメチャメチャ綺麗。
そして、その身体からは想像つかない大きな澄んだ鳴き声。
好きな夏鳥の一つである。

 

イカル (1 - 1)

イカル 夏の季語(三夏) 講談社 日本大歳時記

あら?イカル?って感じだった。
独特なフォルム(笑)の鳥。
初めてみたのが雪の中だったので、てっきり冬鳥かと思っていた。
鳥図鑑によると「留鳥または漂鳥」と書かれている。
歳時記には掲載されているものと、されていないものがある。
ってか、講談社の日本大歳時記にしか載ってない。

上の写真をよくみて貰うと分かるのだが。
黄色いクチバシが特徴なんだけど、この根元の部分が青みかかっている。
これが夏の特徴らしい。

イカル (1 - 1)-3

 こっち ↑ が冬に写したものだけど、なるほど青い部分は少ないや。
観察するってのはそういう事なんだな。
などと妙に感心したりして(笑)

自然を理解するというか何というか。
俳句に惹かれる理由の一つが自然に対する言語的挑戦みたいな所にあるのだけど。
ふむふむ、鳥見をしていると色々と気付かされるモノである。



 

キセキレイ (1 - 1)

キセキレイ 秋の季語(三秋)鶺鴒の傍題 「小学館 日本の歳時記」

これって季語としては秋なのか。
鳥図鑑には漂鳥と記されている。
 
ハクセキレイにしてもセグロセキレイにしても同じように地面を歩く(笑)
この歩き方がとても可愛いのである。
ハクセキレイはそれほど人を警戒しないのでかなり近づけるけどキセキレイは中では警戒心がある方かなと思う。

キセキレイ (1 - 1)-2

鳥見もだんだんと慣れて来て2度目3度目になると余裕が出てくる。
キセキレイにしても初めて見たときは随分と緊張したけど。
今となっては、どうって事無いな。

そういえば、ハクセキレイに関して独立したエントリー記事がないのに気がついた。
そのうちアップしておかなきゃだ。
「フォト×俳句」ブログが完全に鳥見ブログになっているのだけど。
だったら、もう少しバーダー用に使える観察日記にして置こうかなとも思い始めた。

 

オオルリ 戸隠 (1 - 1)

多くの人が自慢げにオオルリの写真をアップしている中で、どうしても出会えなかった。
ようやく見つけました。
ただ、遠いし暗いし大変。
取りあえず上の写真はLightroomで露出を調整して姿を現しています。
写した時は真っ黒で証拠写真として使えるかどうかって感じ。

オオルリ 戸隠 (1 - 1)-2
 
こちらの写真も惜しいんだよねぇ。
アイキャッチがあるのだけど、オオルリの特徴であるお腹の白さがイマイチ。
悔しいなぁ・・

まぁそのうちイヤってほど出会えることを期待しましょう。

オオルリとコルリの違いが判らないけど。
青い鳥って嬉しいよね。

 

このページのトップヘ