こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

2016年01月

よろこびのこえひそやかやみゆきばれ
ついにルリビタキのオスに出会うことが出来ました(嬉)
去年は何度も同じ場所に通ったのに結局一度も見る事ができずに一年が経ちました。
オオルリもしっかりと撮せていなくて青い鳥には縁が無いのかな?と意気消沈だったけど。
とうとう写真に収める事が出来ました。

俳句の季語ではルリビタキは夏の季語となっているけど。
こちらでは雪が降った今頃じゃないと見られないようです。
図鑑には留鳥とあるので一年を通していることはいるようです。

ルリビタキ オス (1 - 1)-2

天気が良いと私の非力なカメラでも結構綺麗に映る。
去年に比べたらカメラの扱いにも慣れてきたので飛翔シーンも結構撮れたりします。

ルリビタキ オス (1 - 1)-5

 こんなのも ↑ 絵的には好きな1枚だったりします。
一緒にいたバーダーのオジサン達はそろって大砲を装備しているので恐ろしく解像した写真を撮ってました。
まぁ、自分は手持ちで機動力は一番なんだけどね。

ルリビタキ オス (1 - 1)

背中だけだと本当に真っ青な鳥ですね~
それにしても美しい。
ルリビタキはサイズ的には14㎝という事になっています。
 
ルリビタキ オス (1 - 1)-9
 
なんでも3~4年くらいで青くなるようで、それまではメスなのかワカなのかって感じ。
青い色も個体差があるんだけど。
やっぱり皆が狙うのはより濃い青の子だよね。

そして自分も去年までは枝に留まっている姿をクリアに撮っているだけで満足だったけど。
最近はだんだんと動きモノが撮りたくなって来ているのであります。
 
まぁ何はともあれ念願のルリビタキに出会えて大興奮なのでありました。



[俳句自解]
初見のルリビタキなので大興奮なんだけど、周りのオジサンで一人難しい人がいて。
大きな声で話していると注意を受けるんですよ。
なので、歓びが密やかなのです(笑)


[作品写真データ]
カメラ:Panasonic DMC-FZ1000
シャッター速度:1/4000
F値:4.0
ISO:320
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
Lightroom CC2015 for Mac
 

 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

あきうららあかいかばんにあかいくつ
俳句界の2月号に雑詠・佳作として掲載していただいた俳句です。
選んでくれたのは。
今瀬鋼一先生
夏石番矢先生
西池冬扇先生 の3人。

3人もの人に選んで貰えるのは嬉しいなぁ。
この句は10月末締切分で投句しているもの。

たしか・・・実景だったような。
この列車で上田に移動する時に、赤い靴に赤い鞄の女性がいたのですよ。
で、この日はとても天気が良くて絶好の遠足日和みたいな感じだったものを詠みました。

毎度書いていますが、雑誌の投句は締切と掲載にかなりタイムラグがあるので。
自分でも記憶が曖昧だったりします。

まぁ、何はともあれ選ばれると嬉しい(笑)

そうそう、この俳句は写真を合わせるのが難しいので俳句単体で投句しています。
「フォト×俳句」になりそうなものは「フォト×俳句」に仕上げ。
それが出来なさそうなものを俳句界などの雑誌に投稿というパターンです。




 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

こなゆきやしぜんさいがいはっせいちゅう
「粉雪」冬の季語の「雪」の傍題。
雪を表す言葉は歳時記をみるだけでも結構な数がある。

「六花」「小雪」「大雪」「深雪」「細雪」「小米雪」「新雪」「根雪」「飛雪」
これら雪を表す季語を正確に使い分ける事が出来たらたいしたもんだろうな。
ってか、雪国の人でないとチョット無理かもな。



この季節、カラオケの定番。
自分はこの歌大好きだな。

ただですね。
雪がロマンチックだとか言われると無性に腹立たしくなったりして。
かなりひねくれてます(笑)
 
思うに粉雪はヤバイ気がする。
音も無く降り積もって身動きできなくなる。
その後太陽で溶かされて、そして再び凍って・・・

[俳句自解]
粉雪ってだからヤバイんです。
とりあえず十七音の警鐘・・・・的な(笑)
なので詩心は感じられないでしょうね。
って事は、俳句にあらずかな。

[作品写真データ]
カメラ:Panasonic DMC-FZ1000
シャッター速度:1/60
F値:8.0
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:プログラムオート
Lightroom CC2015 for Mac





 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

やくそくのばしょにかざはなまいにけり
『舞わない風花があったら連れてこい』と、組長に突っ込まれるかな(笑)
ともあれ、この写真綺麗だよね~
と、自画自賛。

この場所はどの季節も絵になるな。
ちなみに、ここって猛禽ポイントでもあるのである。
だいたい10時~12時位にオオタカとかハイタカとか時にはツミとかが飛んで行く。

雪景色 (1 - 1)-2

 この季節にこんなところを歩いて行くのはバーダーしかしいない。
狙いは色々なんだけど。
今はルリビタキとかジョウビタキとか時にオオマシコとかだな。
自分は鳥見を始めて一年ちょっとだけど、残念な事にまだルリビタキのオスに出会っていない。
今年こそはと思うのだが。

ルリビタキ (1 - 1)

まだ尻尾だけしか青くないルリビタキ。
とりあえずメスという事だろう。
聞くところによると最初はみんなメスで3~4年くらいでオスになるとか。
オスのブルーはそれはそれは見事な色なんだよねぇ・・・

[俳句自解]
「風花」という季語を使いたかった・・・だけ。


[作品写真データ]
撮影:2016/01
カメラ:Panasonic DMC-FZ1000
シャッター速度:1/2000
F値:5.0
ISO:125
WB:オート
露出プログラム:露出優先
Lightroom CC2015 for Mac



 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

げんんかんやそのさきにあるしょうわかよう
もはや単なる日記だったりするのだが(笑)
大寒になって、良い感じに雪が積もり。
良い感じとは言え、雪かきとか諸々考えると結構雪は迷惑なんだけどね。

雪の景色を、特に夜の町を撮したいなぁと思っていたら。
なんとなく緩やかな飲みのお誘い。
これは丁度良いとカメラを持って出かける。

やっぱりこの通りは絵になるな。
言葉は悪いけど歯抜け通りというかなんというか。
最初から最後までビッシリの商店街じゃなくて、ところどころ空き家のままなので光が良い感じに。
赤い看板と白い看板のボリュームも良い塩梅。

大寒 (1 - 1)-3
 
人間が生きているって感じの町に映っていると思うのだが、どうだろう?
あまりに洗練されてしまった人工的な都会の景色より。
こういう田舎の雪がある風景って素敵だと思うのだが。
実際に生活するのは色々大変なんだけどね。


[俳句自解]
焼き鳥屋→カラオケがある飲み屋→蕎麦屋
というゴールデンコースを堪能した夜の俳句。
この町ならではの客層なので昭和歌謡がメチャメチャ似合うのであった(笑)


[作品写真データ]
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA NOCTICRON 42.5mm/F1.2
シャッター速度:1/100

F値:1.2
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
Lightroom CC2015 for Mac


 
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ