こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

2016年10月

あきすむやぴんばっじまたひとつふえ
この写真綺麗だなぁ・・・と、相変わらず自画自賛(笑)
これで、目に光が入ってたら言う事無いんだけどなぁ・・・
野鳥の写真ってほんの一瞬だったりするからねぇ。
ずっとそこに停まっていてくれたら良いけど。
すぐに飛んで行ってしまう。

ゴジュウカラ (1 - 1)-4

さっきまで、この上に乗っかってたのになぁ・・・的な(笑)
背景の玉ボケもある程度計算して入れるけど。
野鳥の場合はほとんど偶然の産物だな。

ゴジュウカラ (1 - 1)-2

枝と枝の間の隙間から目で確認して。
それからレンズ向けてピント合わせて・・・・
人間と違うからポーズなんてとってくれないし(笑)

ゴジュウカラ (1 - 1)-3

なんとか目に光をと願いながら連写する。
この繰り返しだなぁ・・・
100カット撮って一枚気に入ったのがあれば上出来かな。


[作品写真データ]
モデル:ゴジュウカラ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/500
F値:6.3
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。   

 

あおぞらにきざむりずむやふゆじたく
冬支度しなきゃなぁ・・・・
ってか、既にヒートテックのアンダーウェアを着始めてるし。
そう言えばファンヒーターも使い始めちゃってるし。

オオアカゲラ (1 - 1)-2
 
家の中の狭いところとか、覗き込んで掃除しなきゃなぁ・・・とか。
何はともあれ断捨離だよなぁ・・・とか。
冬支度というより、とにかく色々片付けなければ物理的なスペースに問題ありだ(笑)

オオアカゲラ (1 - 1)-3
 
人間は物を持っているってのが、そもそもの間違いのような気もする。
野鳥なんて身軽なもんだし(笑)
この身一つで生き抜く覚悟を・・・・なんてね。

オオアカゲラ (1 - 1)-4
 
たまには、オオアカゲラのバックショットも載せておこう(笑)
これだけ、頻繁にオオアカゲラにお目に掛かると。
全くと言って良いくらい感動が無い。
いかんなぁ・・・感動を直ぐに無くすタイプかな?>自分


[作品写真データ]
モデル:オオアカゲラ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/320
F値:7.1
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

あきばれやいきをととのえさんしゅうめ
以前はなかなか上手く出来なかったものが、今では案外簡単に出来るようになっている。
その一つがトビの撮影(笑)
割と低空を旋回しているトビなので、このくらいの写真を撮る事が出来る。
チョット前まではこれさえ難しいと感じていた。

トビ (1 - 1)
 
経験値の問題と言えばそれまでなんだけど。
カメラの設定を色々変えてはある。
こういう場合には、この設定でという自分の中での決めごとみたいなものが出来て来た。
最初は空しか写らなかった状態だったけど。
今回は捕まえた獲物を飛びながら食べてる絵まで撮れたりして。

 トビ (1 - 1)-3
        
あとは、解像度の問題になってくるので。
レンズ次第って話しなんだろうなぁ・・・
トビをこれ以上に綺麗に写したいって欲求は無いけど。
オオタカとかハヤブサだったら、どこまでも限り無い欲求が湧いてくる(笑)

トビ (1 - 1)-4

そりゃそうと・・・
この運ばれている獲物なんだけど。
ずっと見ていた状況から想像すると・・・・多分だけど・・・ハクセキレイかと。
なんって事だ(泣)


同じ時間と空間にいながら。
トビの真下ではグランドを何周も走っている綺麗なお姉さんもいて。
ハクセキレイやトビを撮っている自分もいて。
その中で命の交換が行われているわけで。
う~む・・・・深い。

この深い状況を十七音にまとめる技量は残念ながら今の自分には無い(泣)



[作品写真データ]
モデル:トビ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:9.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。   






 

うたいたいうたをうたうやいしだたき
ハクセキレイは俳句の世界では鶺鴒の傍題として秋の季語。
そして、尾を上下に振って石や地面を叩くように見えるところから「石叩き」と呼ばれている。 
まぁ一年中どこでも見られる鳥の一つではある。
背景次第で季節感が出るものだなぁ・・・・と。

ハクセキレイ (1 - 1)-3
 
秋を表現する背景というか舞台は判りやすいと言えば判りやすい。
紅葉した落葉の中に置けば、普通の人は秋なんだなぁ・・・と思うだろうし。
で、ハクセキレイってどの舞台にでも載っかってくるから面白い。

ハクセキレイ (1 - 1)-2
 
あそこで唄ってくれたら最高だよなぁ・・・
って、こちらが思ってた場所に見事に乗っかってそして唄うハクセキレイ。
なんて愛しいんでしょ(笑)

ハクセキレイ (1 - 1)-4
 
こんなんでどう ↑ って感じでこちらを見てる(笑)
最高ですよ・・・言う事ありません。ありがとうございました。
と、こちらの思いを伝える。
出来れば飛んでいる姿もお願いしたいのですが・・・・

 ハクセキレイ (1 - 1)-5

リクエストに応えたいただいたものの・・・・
こちらの技術が伴わず・・・
ピントが・・・・ピントが・・・(泣)(泣)(泣)
貴重な昼休みが、ハクセキレイの飛翔を追っかけて終わってしまった。



[作品写真データ]
モデル:ハクセキレイ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:9.0
ISO:1250
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。   

このころのこのみのこのみこのみにも
一応、何となく日本語として意味は通るかな・・・・と(笑)
こういう言葉遊びって絶対、過去に誰かが既にやってるだろうなぁ。
どうなんでしょ?

コガラは夏の季語ってのがチョット残念なのと。
そもそもコガラが木の実を食べるのかなぁ?ってのが引っかかる。
コンテストとか狙う時は色々調べるけど。
まぁ、ここに載せるのはワンライティングで(笑)

コガラ (1 - 2)
 
コガラとヒガラと、相変わらず判別をし難いんだけど。
コガラがベレー帽でヒガラが蝶ネクタイだったかな?
自分の中で好きな方がコガラと覚えちゃっても良いんだけどね(笑)

コガラ (2 - 2)

小鳥の撮影はほんと一瞬なんだよねぇ。
構図を考えるのは撮った後でトリミングする時かな。
まぁそういうやり方もありかなぁ。


[作品写真データ]
モデル:コガラ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/80
F値:8.0
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

このページのトップヘ