こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

2016年11月

てんたかしだいちときどきゆれにけり2
本日(11/25)発売の月刊俳句界12月の写真俳句の部で大賞を頂きました。
なんと、大賞受賞は今年2回目という快挙(嬉)
ちなみに前回はこちら。 
特に今回はメインテーマである鳥の写真での受賞というところで大満足。
今年の俳句界は優秀賞3回に大賞2回って出来過ぎで思い残すところ無し(笑)

天高し大地時々揺れにけり
 
なんせ、俳句界の写真俳句は大賞になるとご覧のように1ページまるまる貰えるのが嬉しい。
本が届くまで自分でも入選の可否は判らないので毎回ドキドキしてたりして(笑)
とにかく、この作品に関してはかなり自分でも気に入っているので。
それを受け入れて貰えた事に感謝です。

最初にこのブログに載せた時と写真を替えての投稿でした。
変更後のこちらの方が「フォト×俳句」としてはやはり完成度は高いかな。
俳句界は既発表のものの投稿が許されているところが、これまたありがたい。
なので自分のブログに前月載せた中から一つ選んで投稿しています。


とにかく、この作品は自画自賛モード炸裂なんですが(笑)
現時点での自分の中の写真俳句の完成形かと。
・写真と俳句の距離感
・俳句の景の大きさ
・切れ字を使用した定型俳句
・写真の透明感とかシンプルな美しさ
・出来れば鳥の写真
・鑑賞の自由度による広がり
思いつくまま書けば、おおよそこれらの事項かな・・・

色々自解できるのですが、あえてマニアックなところで一つ披露しておくと。
このモデルの鳥が「エゾビタキ」だってとろころも実は計算してたりします。
鳥の図鑑によれば秋に飛来する「旅鳥」というところを句意に埋め込んでいます。
このあたりは俳人の感覚というよりバーダーの感覚だろうけど(笑)




[作品写真データ]
モデル:エゾビタキ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:6.3
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  




 

はなすことできずにすすむかみのたび
とりあえず鳥の写真からスタートする「フォト×俳句」作り。
写真を見ながら歳時記をパラパラとめくりその時気になった季語を選ぶ。
「神の旅」という季語が何となく格好いいなぁ・・・・
しかし、そこにどんな十二音を合わせて良いのやら。
さらに写真もセットにするんだし。
と、「フォト×俳句」は悩む。
パズルみたいなものではある(笑)

ホオジロ (1 - 1)
 
単なるバーダーなら、写真だけアップしておけば良いんだけど。
自称「フォト俳句クリエイター」ですからね。
必死で俳句を作ってたりもする。
時々、これは良いなぁ・・・って自分で思う時もあるけど。
それの何十倍も駄句が続く(笑)

ホオジロ (1 - 1)-4

鳥の写真だって何百枚も撮ってての一枚だからなぁ。
そう考えると作品としてセットされたものは、かなり絞り込まれたというか選び抜かれたというか。
の・・・・筈なんだけどね。

どこにでもいるホオジロだけど背景が替わると随分と見栄えも変わるものである。
これをプリントアウトして額装したらもっと格好いいんだろうな。
ギャラリーでも作ろうかななどと思ったりもする。


[作品写真データ]
モデル:ホオジロ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+MC-14 
シャッター速度:1/200
F値:6.3
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  
 

とうきょうのそらをおおたかまいにけり
「大鷹」は「鷹」の傍題で冬の季語。
それにしてもなぁ・・・・東京でオオタカを見るとは驚きだったな。
色々話しを見聞きしていると、オオタカの絶対数は増えて来ているようにも聞く。
猛禽類が存在出来るって事は食物連鎖が上手く成り立っているって証だから。
とても好ましい出来事ではある。

オオタカ (1 - 1)

鳥見も3年目に突入して、最初の頃は絶対に無理だと思っていた猛禽類の撮影も。
どうにかこうにか追えるようになってきた。
今回は某公園のボランティアスタッフの方が『おお!あれはハヤブサだ~!』
ってな感じで教えて貰って、慌ててレンズを向けた。
撮影してみたらハヤブサでは無くオオタカだと判明。

オオタカ (1 - 1)-2

画像は粗くなってしまうけど ↑ まぁ識別可能な写真にはなっている。
何事も経験値だな。
石の上にも三年という言葉があるので、あと一年は修行期間だと思って頑張ろう(笑)



[作品写真データ]
モデル:オオタカ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/2000
F値:6.1
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。   
 

しんぷるなせーたーにこそまりょくあり
もう少し真面目に俳句に取り組めと言われそうだな。
まぁ、ようするにそういう事なんだけど。
この時期のセーターというのは魔力を秘めているわけで。
ポートレート写真はセーターに限るな。とか(笑)

ジョウビタキ (1 - 1)-2

ジョウビタキのメス。
通称ジョビ子(笑)
秋の季語ではあるけれど、今が一番見頃の鳥の一つ。
オスよりもメスの方が目に付くのは偶然だろうか?

ジョウビタキ (1 - 1)-3

鳥見を始めたのが2014年の11月からなので2年経過。
いよいよ3年目に突入。
こんな ↑ 保護色のような状況でもしっかりと見つける能力を備えてきた(笑)
経験値が増えると、今まで見つける事が出来ないような状況でも見つける事が出来る。

課題は・・・魅力的な写真に景の大きな俳句をセットすること。



[作品写真データ]
モデル:ジョウビタキ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+MC-14 
シャッター速度:1/100
F値:6.3
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。       

とりあえずならぶぎょうれつふゆぬくし
カワウは夏の季語らしい。
これも何でだろう?って感じだな。
そもそも一年中見られるからなぁ・・・・

しかもイマイチ可愛く無いし(笑)
ただ、こうして行列の写真にすると、何となくムーミン谷っぽいような。
後ろから3番目のやつはヘムレンさんかと思ったよ。
ほんとにカワウかな?
ひょっとして新種か?
拡大してみよう。

カワウ (1 - 1)-3

あまりにも怪しすぎる・・・・(笑)
変装して行列に並んでるのか?
それともこの髪型は最新のトレンドなのか?

カワウ (1 - 1)

こっちは ↑ ごく普通のカワウのよくするポーズだけど。
なんか同じカワウにも色々と個体差があるって事なのかな?



[作品写真データ]
モデル:カワウ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:6.3
ISO:250
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。   




 

このページのトップヘ