こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

2017年02月

みぎのてでふれたまきがみみずぬるむ
春だから・・・恋の句を創ろうかと(笑)
野鳥の写真に恋の句を合わせた「フォト×俳句」
これなら売れるかも・・・
何かを売りにしようと思ったら絞り込んだ方が良いよね・・・的な。
入選するとか掲載されるとかより、売れる素材を考えようかと(笑)

170215マガモ (1 - 1)-3

野鳥写真も今年で3シーズン目に入ってるし。
機材も自分的には揃ってきたと思うので、次のステージを目指さなきゃね。
何が出来るのか皆目見当も付かないけど。
出来ればお金が稼げるにこしたこと無い。
うまい循環システムが出来ないものだろうか?

170215マガモ (1 - 1)-2

ぐっと翼を拡げてアピールするとか。
この ↑ 写真だとアピールというより『セーフ』とかにしか見えないけど(笑)
まぁそれはともかく・・・
う~む。

170215マガモ (1 - 1)-4

何にも考えもせず、漂っているようにみえて、水中ではバタバタやっている。
そんなマガモ・・・
やっぱり綺麗じゃん(笑)



[作品写真データ]
モデル: マガモ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1600
F値:6.3
ISO:1000
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。



 

けいたいのでんぱとどかぬのにあそぶ
扱い易い季語とそうでない季語があるわけだが。
「野遊び」なんて季語だったら出来の善し悪しはともかくとして無尽蔵に出来そうな(笑)
どんだけ野で遊び続けてきたのやら。
別にアウトドア指向とかってわけじゃなくて、暮らしそのものに野遊びがあった。
かつてもそうだった、しこの先もきっとそうだと思う。

1601214メジロ (1 - 1)

メジロの正面顔が撮れた ↑ けど、鳥の正面顔は面白い。
梅とか桜とかの極彩色にメジロを置くのも良いけど。
こんな感じの淡い中で表現するメジロもなかなか良いかなとも思う。

1601214メジロ (1 - 1)-2

この実は多くの鳥に好かれているようだけど。
何の実なんでしょ?
今年こそ草木の名前を覚えようと思うのだけど。
鳥なんて比較にならないほど難易度高そうだよなぁ・・・

1601214メジロ (1 - 1)-4
 
山の名前、花の名前、草木の名前、鳥の名前・・・
空の名前、雲の名前、風の名前・・・
名前が付いたときにそれは世界から切り離されて独立して認識される。
俳句が名詞を大切にするのはそれが理由なだろうなと勝手に理解している。 

ちょっと大げさかもだけど・・・
自分の命が尽きる日までに、それをどれだけ覚える事が出来る事やら。
その数が多ければ多いほど、自分の人生は豊になるんじゃないかと予感している。


[作品写真データ]
モデル: メジロ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1600
F値:6.3
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。






 

はるめきてさぐるわずかなかのうせい
急に暖かくなってきたような・・・
まさに春めくって陽気だな。
何となく色々ウキウキしてくるような(笑)

170212ジョウビタキ (1 - 1)-2

 同じ木の同じ実を食べる違う鳥達。
ここは主にルリビタキのレストランだったと思うのだが。
ジョウビタキのメスもよく訪れる場所。
不思議とジョウビタキのオスは遠慮しているかのよう(笑)

170212ジョウビタキ (1 - 1)-4

今年の春の可能性は、どこに何があるのだろう?
ちょっと飛び跳ねてみるのも良いかもなぁ・・・
いつもの年とは違った何かが手に入るかも知れない。

170212ジョウビタキ (1 - 1)-5

行儀良くじっとしているだけではなくて。
たまにはチョットはじけるくらいな何かを、この春は手に入れたいかも。
小鳥の飛翔もだんだん撮れるようになってきているし。
そんな自分に期待は大きいぞ(笑)


 
 [作品写真データ]
モデル: ジョウビタキ メス
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1600
F値:6.3
ISO:640
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

かぜひかるししゃのさしだすふゆうかん
「フォト×俳句」を始めたとき。
面白いなぁと感じたのは日本語の文法だった。
暇な時に出来たら徹底的に学んでみたいなぁ・・って思った。
この句だたら「使者の」と「使者が」で「の」「が」の格助詞の使い分け。
多分なんかルールがあるんだろうけど。
よく解らないのでフィーリングで(笑)

170215イカル (1 - 1)-3

そうは言っても、暇な時間が出来たら多分今だったら鳥見に行くだろうな。
近所で鳥を見ていたら、某所にヤツガシラが出たけど来る?とかお誘いの電話が来たりして。
二つ返事でOK言えるような時間の余裕が欲しいな(笑)

170215イカル (1 - 1)-4

そうそう、イカルは夏の季語なんだけど。
こういう飛翔写真ってあまり見た事無いなぁ・・
結構貴重かもな。
こうして見ると、なんかブッポウソウに雰囲気が似ているような。

それにしても、使者の差し出す浮遊感って何だろうな?(笑)


[作品写真データ]
モデル: イカル
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1600
F値:6.3
ISO:250
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  


 

とおいめでごまかすばれんたいんのひ

歳時記にある季語「バレンタインの日」
俳句は十七音の文芸と言われる。
そのうちこの季語の占める音数が8音。
残り9音をどう組み込むか・・・
パズルだな(笑)

170212エナガ (1 - 1)-5

「遠い目」って表現するときの表記は「遠ひ目」になるのかな?
それとも、そもそも「遠き目」となるのかな?
ここら辺りが俳句を始めて1年目からずっと継続して超えられない壁(笑)
ここで躓いているので先に進めない。
というか、先に進むのを止める理由にした。

170212エナガ (1 - 1)-3

ロジカルに考えるより、ビジュアルをそのまま楽しんだ方が楽かなぁ・・
とか(笑)
エナガは可愛いなぁ・・・
しかも舞う小雪がしっかりと写り込んでいる。

「フォト×俳句」は焦らずゆっくりと高みに向かって行こう。
別に到達点が決まっているわけでも無いし。
考えてみれば、最初の頃はエナガが写真に撮れるなんて一生無理だと真面目に思ってた。
それが、なんとかこんな感じに撮れるようになっているのも事実。
ゆっくりゆっくり・・・
仕事じゃないんだから、辿り着かなくたって誰も迷惑しない(笑)


[作品写真データ]
モデル: エナガ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1600
F値:6.3
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

このページのトップヘ