こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

2017年10月

やまあいのここだけのみせのわきあと
なぜか、このミズキの実だけを食べ続けるムギマキ達。
ツルマサキに群がるんじゃなかったっけ?
しかも、ここに来るのはムギマキだけじゃなくて、マミチャジナイやコガラ、キビタキ・・etc
開店しているレストランはここ一軒って感じ。

26 ムギマキ (1 - 1)-2

ムギマキのメスは比較的に撮りやすい。
オスは臆病なのか?
とにかく、実を一つ取ってはどこかに逃げてしまう。
素早いこと素早いこと。

26 ムギマキ (1 - 1)-3

キョウイチの作品 ↑ ツーショット。
メスは実を咥えて逃げて行く。
それを見ながらオスが何か叫んでいるよう(笑)

26 ムギマキ (1 - 1)-4

天気が良いのは今日と明日だけだけ。
週末はまた台風が来るとか来ないとか。
なもんで、何故か仕事を サボって 調整して現地入りしているいつもの面々(笑)
結局自分はオスのホバリングは撮れずに明日に持ち越しだ・・・


[作品写真データ]
モデル: ムギマキ
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/400
F値:4.0
露出補正:+3/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2017 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。


あきかぜやかんけいさらにふくざつか
本日(10/25)発売の月刊俳句界11月号の写真俳句で優秀賞を頂きました。
先月は大賞だったのですが、今月のこれはボツかなぁ・・なんて思ってたけど。
どうにか優秀賞に取っていただき有り難いことです。

この作品は8月28日のエントリーでした。
で、この時は「秋風や関係さらに複雑に」という句だったんですが。
投稿するときに推敲して「秋風や関係さらに複雑化」としたんですね。
最後の1文字に変更を加えているんだけど。
「複雑に」だったらどうだったんでしょ?
俳句の一文字って大きいからねぇ・・

24 俳句界 (1 - 1)

講評というか鑑賞のコメントは以下のとおり。
「そっぽを向き、毛繕いをする軽鴨。まるで今の世界情勢を表しているようで、ドキッとさせられます。「秋風」が冷ややかな関係を思わせます。」

と、書いていただいた。
なるほど~
確かにそう言われればそういう時事俳句っぽさもあるといえばあるな。
などと作った本人は妙に感心したりして(笑)

作者的には男女の三角関係をイメージしたんですけどね。
そこが俳句の面白いところかな。
作り手と読み手がいて、どちらも自由なわけですよね。


  
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

ほうねんやおんなばかりのごごのかふぇ
特に他意は無いのだけど。
たまにスイーツの写真でも撮りたいなぁとカフェに行くと。
ほぼほぼ女性のみって場面に出くわすわけで。
独特の喧騒ってかなんていうか。
そういうのを気にしないで写真撮ってたりもするんだけど(笑)

24 ヒヨドリ (1 - 1)-2

ヒヨドリもなぁ・・・
もう少し彩りがあるか、もう少し綺麗に鳴くか・・
まぁ他と比べてはいけないんだけどね。
美人だけで世の中構成されている訳じゃないしね。

ヒヨドリの良さを見つけられるような人にならなきゃな・・
まだまだだなぁ>自分



[作品写真データ]
モデル: ヒヨドリ
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/200
F値:4.5
露出補正:+7/10
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2017 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

うつけものおれをうつせのかけすなく
「空け者」と書いて「うつけもの」と読む。
「懸巣」と書いて「カケス」と読む(笑)
カケスが秋の季語とは知らなかった。
・・・・って、去年と全く同じ事を書いていた(笑)

23 rel=


ムギマキの登場を待っている多くのカメラマンの前に登場。
カケスが珍しいかどうかはともかくとして。
そこそこのサイズがあるのと、わりと抜けの良い場所に登場するものだから。
ついつい、レンズを向けてします。
で、その間に本命のムギマキが消えて行く・・・(笑)


23rel=

背景がここまで白い曇天だとなぁ・・・
仕方無いって言えば仕方無いけど。
このカケスって以前も撮った個体かもなぁ?
目立ちたがり屋というか、撮して貰いたいのかもなぁ(笑)



[作品写真データ]
モデル: カケス
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:4.5
露出補正:+2
ISO:250
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2017 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

しゅうりんやみようみまねのきめぽーず
マミチャジナイはさすがに手元の歳時記には出ていない。
図鑑によれば体長は22㎝とある。
なんとなくムギマキとセットの印象があって。
主役を常にムギマキに持って行かれているような。
ちなみにムギマキの体長は13㎝なので大分差がある。

21 マミチャジナイ (1 - 1)

それにしても、マミチャジナイって誰が付けた名前なんだろう?
ひょっとして日本の鳥では無いのかなぁ?
旅鳥と解説されてはいるけど。

21 マミチャジナイ (1 - 1)-2

この写真 ↑ はどういう状態なんでしょ?
実を口の中に放り投げている感じ。
なんか決定的瞬間だなぁ(笑)

21 マミチャジナイ (1 - 1)-3

光が無いと言いながらも、なんか良い感じに撮れている。
背景の玉ボケもなかなかのものだな。
ISOは1600上限に設定しているけど。
800位で収まっている。
この程度で収まってくれると後はRAW現像である程度対応可能だな。


[作品写真データ]
モデル: マミチャジナイ
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:4.5
露出補正:+7/10
ISO:640
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2017 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ