こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

2017年12月

かぞえびやほしのおうじをよみきかす
ヤツガシラの冠羽は、こんな感じに ↑ 広がる。
で、この絵を見てたら、サン・テグジュペリの星の王子さまのイラストを思い出した。
「大切なものは目に見えないんだよ」という名セリフと共に記憶に収まっている。

24 ヤツガシラ (1 - 1)-2

撮影から少し時間が過ぎて、写真を整理していると。
もうちょっと、これはここをこうしたいとか。
こんなポーズをこんな背景で欲しいとか(笑)
次から次から色々と欲が出てくる。

24 ヤツガシラ (1 - 1)-3

そもそも、出会えただけでもラッキーだと言うのに。
それ以上を望むのは贅沢って言えば贅沢だよなぁ(笑)
これら一連の写真も青空背景だったらなぁ・・・とか。

まぁキリが無いんだけどね。
でもなぁ・・・また会いに行っちゃおうかな(笑)



[作品写真データ]
モデル:ヤツガシラ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:4.5
露出補正:+7/10
ISO:500
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。


いきとめてじかんをとめてくりすます
これで満足するか・・・更にその上の解像度を求めるか?
撮影時間は朝の6時57分。
まだチョット暗めの時間帯。
ほんの少し絞って f 4.5
ISOは1000で止めていたのでISO1000。
結果シャッター速度が1/125となっている。
三脚は使わず手持ち。

23 ヤツガシラ (1 - 1)-7

動かれると完全に被写体ブレが生ずるわけで。
まぁそれはそれで臨場感があって良いとも言えるけど。
もっと解像しないものかなぁ・・・なんて思ったりして。

23 ヤツガシラ (1 - 1)-8

とは言っても、このカットは結構ローアングルで撮っていて。
この位置からシャッターを押している人は多分他にはいないかと思われる。
そういう意味ではオリジナリティの高い絵になっているとも言える。
三脚はやっぱり使いたく無いしね。

う~む・・・う~む・・・と年がら年中悩む。
これで良いという絵にはなかなか出会えない。


[作品写真データ]
モデル:ヤツガシラ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/125
F値:4.5
露出補正:+7/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。



かぞえびやめのまえにきたさぷらいず
ヤツガシラ・・・初見初撮り
ついに見る事が出来た。
で、ついに撮す事が出来た。
しかも、この位置でこの距離。
これをサプライズと言わず何をサプライズと言うのでしょう(笑)

23 ヤツガシラ (1 - 1)

これらのカットは全てノートリですからねぇ(笑)
我ながら驚いてしまう。
要するに食べるものがそこにあったというわけで。
良く見れば ↑ なんか芋虫みたいのが目の前にあるのが判る。

23 ヤツガシラ (1 - 1)-2

ヤツガシラって人に対する警戒心があまり無いのか?
それとも食べる事に夢中になっていると周りが見えなくなるのか?
むしろ、こちらが初撮りで緊張してたりして。
まだ太陽が上がりきっていないのでチョット暗めだったりもする。

23 ヤツガシラ (1 - 1)-3

凄い勢いで芋虫を振り回している(驚)
ISOを余り上げたくなくて抑えているのでシャッター速度を上げられずこんな絵。
こうなってくると、やっぱりフルサイズ機を用意しなきゃダメかなぁ・・とか。
また色々考えてしまう。

23 ヤツガシラ (1 - 1)-4

無事に飲み込んだようで(笑)
なんとも可愛い瞬間ではあるな。
まぁ緊張しながら連写しまくってたんで、あっという間にもの凄い数の撮影数になった。

そんなに撮ってどうすんの?って感じだけど。
二度とこんなチャンスは無いだろうと。
とは言え引き伸ばすと、なんとなくピン甘だったりもするんだけど。
後は撮り方の問題かなぁ・・・

次に果たして撮影チャンスが巡ってくるかどうか・・・
全く判らないけど。
数少ないチャンスをとにかく最大限活かせるような、もろもろを考えよう。

今年も残すところ僅かというところで最大のサプライズがやってきた。
という一句。


[作品写真データ]
モデル:ヤツガシラ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/80
F値:4.5
露出補正:+7/10
ISO:1000
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。



ふゆばれやまなじりけっすでびゅーせん
たしか・・・「冬晴れや」とすると間違いで「冬晴や」としなければいけなかったような。
なんかルールあったと思ったけど忘れた。
パソコン入力だと送り仮名が自動でつくし、あまりきにせずそのままになりそう。
結社とかに入って真剣に俳句を学んでいると、先人たちが指摘してくれるんだろうな。
自己流では伸びないってのはその辺りのことを指すのだろう。

20 ルリビタキ (1 - 1)-3


「まなじり決す」を漢字で表記すると「眦決す」となるけど。
こんなの読める人は少ないだろうな(笑)
俳句やっている人は、メッチャ難しい漢字を使うけど、どうなんでしょ?

それはそうと、ルリビタキのメスを撮すのは今シーズン初でした。
オスは何回も撮っているんだけど・・・
撮っているんだけど・・・・

20 ルリビタキ (1 - 1)-4

こんなの ↑ ばかりで(泣)
なかなか、まともな写真になって無い。
まぁ、シーズンはこれからだから焦る事も無いのだけど。
そのうち、ルリビタキに関してはバシッと1枚(笑)


[作品写真データ]
モデル:ルリビタキ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
シャッター速度:1/1600
F値:5.6
露出補正:無し
ISO:320
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

かみがたをかえてむかえるとうじかな
文語+歴史的仮名遣いが俳句の表記としては望ましい・・・らしい(笑)
ところがですねぇ、これが意外と大変。
何時まで経っても覚えられない。
今日のこの作品「かみがたをかえてむかえるとうじかな」
と、読ませたいんだけど。

「変へる」で正解なのか?
「迎へる」で正解なのか?さらに、「迎ふる」が正解なのでは?
と、次々と疑問が出てくる。
まぁ、疑問が出てくるだけマシなのかも知れないけど(笑)
違ってたら、気が付いた方教えてね。

20 ミヤマホオジロ (1 - 1)

そして、この鳥の方だけど。
一応「ミヤマホオジロ」のメスだと識別したけど。
ひょっとしてカシラダカ?とか思ったりもして(笑)
こっちも、誰か気が付いた方いたらご指摘お願いします。

迷ったり、悩んだりするのが勉強というか学習だろうな・・とも。
冬至だしなぁ・・
「一年で一番特別な日なんだよ」と、大切な人が教えてくれた。




[作品写真データ]
モデル:ミヤマホオジロ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14

シャッター速度:1/250
F値:5.6
露出補正:-7/10
ISO:500
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ