こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

2018年04月

げんじつはあくむいじょうかはるふかし
トラフズクは初見。初撮り。ライファー。
フクロウのヒナとどこが違うんだろうって最初見分けがつかなかったけど。
良く見れば頭の上に耳みたいなのが2個ついてる(笑)
これって耳か?

19 トラフズク (1 - 1)-4

巣立したばかりのヒナなんだけど。
カメラマンが結構な数いて。
あちらからはどういう風に見えているんだろうなぁ??
中にはパンパンとかしわ手打つ迷惑な人もいたりで。
まぁ、自分もレンズ向けてる時点で人の事は言えないけど(反省)

19 トラフズク (1 - 1)-7

この首周りの柔らかさは欲しいなぁ・・・(笑)
どんだけ自在に廻るのやら。
最近の自分は首の可動域が狭すぎて車の運転に支障をきたすレベルだからなぁ(苦笑)

何はともあれ、こういう野鳥が快適に過ごせる環境を維持しなければいけないな。
などと、最近しみじみ思う。
カメラマンとしてのジレンマだな。


[作品写真データ]
モデル:トラフズク
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:4.5
露出補正:無し
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
リミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

ゆきつけのていしょくやにもはるめにゅー
俳句が・・・全く思いつかない。
う~む・・・才能無いなぁ。
この写真にこれかよ?って自分でも勿体なくなったりして(笑)


23 ヤマセミ (1 - 1)-2

良い感じのヤマセミの飛翔。
光と川面の写り込みと、色々条件が重なってこういう絵になるんだけど。
こんな風に写ったのは、この時だけだな。


23 ヤマセミ (1 - 1)-4

ヤマセミの飛翔は慣れてくると案外簡単に撮れるもので。
というのも、ずっと観察しているとだいたいのパターンが読めるというか。
ここで、こうなって、次はこのコースをこう行く・・みたいな(笑)


23 ヤマセミ (1 - 1)-3

自分が気に入った写真があると、ちょっとそこに付ける俳句は考えてしまう。
というか、考えすぎて全く思考が止まったりして。
まだまだ伸び代がある証拠でもあるけど(笑)

ちなみにこれ撮影は3月23日です。

[作品写真データ]
モデル:ヤマセミ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/3200
F値:4.5
露出補正:無し
ISO:2500
WB:オート
露出プログラム:シャッター優先
リミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

はなびえやひとりのみほすぎんじょうしゅ
桜+メジロ=季節の写真(笑)
単純に綺麗だなぁ・・・と。
芭蕉の『さまざまの事おもひ出す桜かな』という句があるのだけど。
桜に関してはこれを超える俳句は出来ないだろうなぁ・・・

17 メジロ (1 - 1)

桜の思い出も色々あるわけで。
年齢を重ねれば重ねただけエピソードも増えてくるわけで。
良き思い出もあれば、そうで無いものもあったりで。
ホント『さまざまの・・』だな。


17 メジロ (1 - 1)-3

ここの桜は標高が高いせいか。
今が満開って感じかな。
実際のところ、メジロよりヒヨドリの数の方が多いのだけど。
ヒヨドリとセットで撮りたいとはなかなか思えないんだよなぁ・・・(笑)


[作品写真データ]
モデル:メジロ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1250
F値:4.5
露出補正:無し
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:シャッター優先
リミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

とりぐもりしきべつがんはいまだなく
ハイタカとオオタカの違いが判らない。
これはどっちなんだろうなぁ??
オオタカだともう少し白いのでは無いかな・・・
って事で、とりあえずハイタカと。

17 ハイタカ (1 - 1)-2

とは言え、こっち ↑ だとなんかオオタカみたいにも見えるし。
どこが決めてになるんだろうな?
尾の長さ?
って、並べてみないと解んないしねぇ・・

17 ハイタカ (1 - 1)-3

フィールド的にはどっちもいる場所ではあるので。
でも、オオタカか?
などと見る度に迷う。

17 ハイタカ (1 - 1)-4

右の羽が一部欠損してんのかな?
これってそのうち修復されるのかな?
カラスにでもやられたのか?
痛いのかな?などと色々考えながらの撮影でした。


[作品写真データ]
モデル:ハイタカ?
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1600
F値:5.0
露出補正:無し
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:シャッター優先
リミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

はるさめのなかでうたえやあいのうた
ヤマセミの観察をずっと続けて居ると、少しくらいの雨は全く関係無いという事が解る。
寧ろピーカンより活動は活発かもな。
写真はメスだけど。
この写真は個人的に今シーズンの一番のお気に入りかも。
雨の感じを上手く出せているような。

16 ヤマセミ (1 - 1)

現像の仕方で写真の雰囲気は結構変わる。
なので、やっぱり基本はRAW撮影になるわけで。
良い感じで撮れたものは、その後で現像は複数のパターンで試してみたり。
作品作りっていうと大げさだけど。
こういうプロセスは結構好きだったりもする。



[作品写真データ]
モデル:ヤマセミ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/160
F値:4.0
露出補正:無し
ISO:2000
WB:オート
露出プログラム:シャッター優先
リミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ