こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

2018年10月

こつこつと郵便貯金秋うらら
本日(10/25)発売の月刊俳句11月号の写真俳句で優秀賞を頂きました。
先月の大賞に引き続き優秀賞。
今年はなかなか好成績で、ここまで大賞2回に優秀賞5回。
この作品は2017年10月11日エントリーのものを推敲したもの。
これを投稿した時って仕事は忙しいし鳥はいないって時だった。
ブログのお休みしてたし(笑)
まあ自分の作品の手直ししたものだから何の問題も無いと思うけど。

2018.10.24 俳句界 (1 - 1)

最初作った時の季語は「秋日和」だったんだけど。
それを「秋うらら」と変更しての投稿。
どっちがどうなんだろうなぁ?と自分でも思うけど。
写真はかなり気に入っているもののうちの一つ。
今気付いたけど俳号も変わってた(笑)



[作品写真データ]
モデル:ヤマガラ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1000
F値:4.0
露出補正:0
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。


まちびとはまたあらわれずもみじがり
野鳥撮影というのは、どんなに高価で高性能の機材そろえようと。
被写体であるその野鳥が現れなければ成立しない。
・・・ところが。
「フォト×俳句」を目的とすると、御本尊不在でも作品として成立する(笑)

2018.10.23 カワウ (2 - 3)

カワウには申し訳無いけど。
カワウを撮りに行っているわけでは無く。
他のものを狙っているんだけど。
またしても空振り。

2018.10.23 カワウ (3 - 3)

鳥運は決して悪い方では無いと思うのだが。
毎度毎度大当たりというわけでも無い。
だから鳥撮りを続けていられるのだろうけど(笑)


[作品写真データ]
モデル:カワウ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1250
F値:4.5
ISO:500
露出補正:+3/10
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

こうみえてこのみのこのみこれひとつ
それ俳句ですかぁ?
と、問われたら。
何を持って俳句と定義づけるんですか?と聞き返そう(笑)
まあ、なんでもありで良いような。

2018.10.22 コゲラ (1 - 1)-2

個人的には有季定型が良いとは思うけどね。
ここを崩すんだったら普通に「詩」とか「ポエム」とか「エッセイ」で良いような。
破調も自分が上手く出来ないせいもあるけど、なんか違う感じがするし。

2018.10.22 コゲラ (1 - 1)

もちろん意味は通っていた方が良いんだろうけど。
とりあえず自分だけ判れば良いか・・・とか(笑)
自分でも何を言っているか分からない時も多分にあるわけで。
それでも時間が経ってから自分で読んで感動したりする時もあったりで(笑)


[作品写真データ]
モデル:コゲラ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:5.6
ISO:500
露出補正:+3/10
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

あきのやまおなじばしょにてまちあわせ
もう一ひねり欲しいよねぇ。
という俳句だらけだったりもする。
その一ひねりがあるかないかで随分と変わるんだろうけど。
なかなかその一ひねりに辿り着かない。

2018.10.20 ヒヨドリ (1 - 1)-2

俳句は瞬発力だとか運動神経だとか言ってた人がいたけど、誰だったかな?
その通りだとも思う。
一瞬で出来た俳句の方が、ゴチャゴチャ考えて推敲したものより良いような。
とは言え、そんなに上手く行くことはそうそう無くて。

2018.10.20 ヒヨドリ (1 - 1)-3

俳句に辿り着く前の俳句にならない十七音を作り続ける事で。
俳句の基礎体力は少しはつくような気もしている。
それは丁度、ヒヨドリであってもレンズを向けて瞬間的にピントを合わせる。
そんなフローにも似ている。


という事を言いたかった一句(笑)


[作品写真データ]
モデル:シジュウカラ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:5.6
ISO:400
露出補正:ゼロ
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

ひしゃたいをえらばずうつすあきのひる
そりゃシジュウカラに失礼でしょ・・・とか言われそう。
久しぶりにシジュウカラを撮った。
この水木の実を食べに入れ替わり立ち替わりって感じで小鳥がやってくる。
園内には他にもミズキの木があるんだけど、不思議とこの一本に集中しているような。

2018.10.20 シジュウカラ (1 - 1)-2

シジュウカラはいつでも見る事が出来るからあまり被写体として選ばなくなっているけど。
鳥撮りを始めた頃は緑の羽が綺麗で沢山撮っていたような。
初めてシジュウカラを認識した時は結構興奮してたかも(笑)

2018.10.20 シジュウカラ (1 - 1)-3

このミズキも、シジュウカラが入ってメジロが入って・・・・
その後で色々登場するというパターンにような。
で、その色々を待っているわけだが(笑)

そんな簡単に行かないよね~


[作品写真データ]
モデル:シジュウカラ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/125
F値:5.6
ISO:800
露出補正:ゼロ
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ