こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

2018年10月

あきかぜやしゅうちゅうりょくをきょうかせよ
昨日アップした作品を慌てて差し替えた(笑)
その間だいたい2時間だったかな・・・
何人の人の目に触れたのだろうか?
幻の作品は痛恨の季重なり。
久しぶりに季語トラップに嵌まった。
写真が気に入ると俳句が俄然雑になる典型かな?(笑)

2018.10.12 ノビタキ (1 - 1)-2

昔、「吟行」とか「フォト×俳句教室」とかで急いで作っている時の緊張感を思い出した。
締切まであと何分とかの中で写真と俳句を揃えるってのはスリリングだった。
そう言えば久しくそんな場にも出ていないな。
あれはあれで良いトレーニングだったような。

2018.10.12 ノビタキ (1 - 1)-3

写真を撮るにしても集中力は必要だよなぁ。
止まりものはピントをきっちり合わせたいと思うので。
実はフィアンダーの中で画面を拡大してピーキングを合わせている。
これが手持ちだたなかなかどうして大変な作業だったり。
拡大率が上がれば上がっただけピントの精度は上がるんだろうけど、何を見ているのが解らなくなったりもするのが難点(笑)

まあ、とにかく集中力を高めなきゃね・・・という一句。



[作品写真データ]
モデル:ノビタキ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:5.6
ISO:500
露出補正:+3/10
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

かみがたをきにしてしばるやまよそう
LEICA NOCTICRON 42.5mm/F1.2
う~む、なかなかやるなぁ、このレンズ。
いきなり目の前にホシガラスらしき姿を見つけてカメラもレンズも取り替える間もなく取りあえずの一枚。
85㎜だから全然届かないのは承知なんだけど。
盛大にトリミングしても結構イケてるのではと。

2018.10.13 ホシガラス (1 - 1)-7

ダメ元でも撮っておくもんだな。
トリミング前の絵も悪く無い(笑)
完全なる自画自賛モードだな。

ホシガラス (1 - 1)

ホシガラスはハイマツと伴に生息しているみたいなので。
基本的に標高2000メートル以上じゃないと見られないのかな?
詳しい事は判らないけど。
景色をみていると、なんとなくホシガラスがいそうなのが判ったりして。


[作品写真データ]
モデル:ホシガラス
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA NOCTICRON 42.5mm/F1.2
シャッター速度:1/5000
F値:1.2
ISO:200
露出補正:+3/10
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

きゅうとうをはなうたまじりあきのやま
今回鳥撮り用のレンズは重いので持ってこなかったんだよなぁ・・
ホシガラスが結構良い感じで飛び交ってたんだけどなぁ・・・
それでも根性で何カットかモノにする(笑)

2018.10.13 ホシガラス (1 - 1)-2

とは言え、換算200㎜で撮った方が景色の中に溶け込む感じ。
これはこれで良いなぁ・・・と。
ズームレンズで鳥を撮るのは久しぶりだったけど。
たまにはこれも有りかな。

2018.10.13 ホシガラス (1 - 1)-3

紅葉の景色も悪くないけど。
やっぱり鳥とか動物とか動くものの方が圧倒的に惹かれるわけで。
次回はパナライカの100-400を持っていこうと密かに誓うのであった。




[作品写真データ]
モデル:ホシガラス
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1250
F値:4.0
ISO:400
露出補正:+3/10
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

やんわりとりくえすとするくりごはん
鳥がいなくてウロウロしていると、ウロウロしている動物に出会った(笑)
リスの動きは毎度見ていて面白い。
身軽だし早いし。
多くの人が可愛いと思うんだろうけど、ネズミとたいして違わないようにも思えるのだが(笑)

2018.10.07 リス (1 - 3)

やっぱり目のサイズと可愛いさは比例するんだろうな。
まさに「つぶらな瞳」ですな。
まあ、このリスがオスなのかメスなのかは不明だけど(笑)

2018.10.07 リス (3 - 3)

光が良い感じ。
手前にレフ板を置きたくなるけど。
動物写真を撮るのにレフ板は有り得ないけどね(笑)



[作品写真データ]
モデル:リス
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/160
F値:5.6
ISO:800
露出補正:無し
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

やまゆかばこのみしぐれのなかにをり
今年はあちこちでエゾビタキに出会う。
こんなに普通に見られる鳥だったけ?というくらい。
しかもエゾビタキは警戒心が低い方なのか結構近くで撮影に応じてくれる(笑)

2018.10.09 エゾビタキ (1 - 1)

背景に玉ボケはやっぱり最高だ(笑)
しかもこのモデルさんは右を向いたり左をむいたりしてくれる。
良い感じにキャッチアイもある。
こんなモデルさんばかりだとカメラマンも楽なんだけど。

2018.10.09 エゾビタキ (1 - 1)-3

これ ↑ はノートリの状態なんだけど。
両側に木があるんでトリミングして構図を整えた。
テレコン付けて撮影した方が良いのかもだけど、フォーカス速度が落ちるので・・
何はともあれ昼休みとか移動中のちょっとした時間で撮影できるのがありがたい。



[作品写真データ]
モデル:エゾビタキ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/160
F値:5.6
ISO:800
露出補正:+3/10
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ