こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

2019年01月

ゆきばれのとがったあじのさんそかな
季語を雪がらみのものにすると、わりとすっと句が出来るのは雪国で生まれ育ったせいだろう。
尖った味の酸素というか、空気ってのが間違い無くあるわけで。
なんというか気道を抜けて肺に到達するまでの僅かな時間に感じるもの(笑)
中七の「尖った味の」という表現をもう少し格調高いものにしたいけど浮かばない。

2019.01.13 ミヤマホオジロ (1 - 1)-2

以前は、こういう ↑ 図鑑的な写真が好きだったけど。
これだと「フォト×俳句」の作品に展開しずらい。
むしろ、ボケたりブレたりしてた方が物語は出来やすいものだなぁと。
動きがあって立体的な写真を心掛けなければ。


2019.01.13 ミヤマホオジロ (1 - 1)-3

ミヤマホオジロを撮るなら雪セットかなぁ・・
とは言え、今年はミヤマホオジロの姿もあまり見かけなくて。
この時は一瞬群れで舞い降りたけど、すぐにどこかに消えて行った。



[作品写真データ]
モデル:ミヤマホオジロ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:5.6
露出補正:1 7/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

せつげんをふたたびめぐるゆめなかば
俳句に「夢」という言葉を入れ込むと安っぽくなる。
とかどこかで書かれていたような気もするけど。
★旅に病んで夢は枯野をかけ廻る★
なんていう芭蕉の句もあるしねぇ。


2019.01.07 フクロウ (1 - 1)-2

左目が少し開いたんじゃないか?ってな生々しさ。
出来れば生きている時に雪原で撮らせて欲しかった。
この上空にはカラスとトビがグルグルと旋回。
動物の死骸はそうやって自然に帰って行くのだろう・・・・
って、思って翌日も見に行ったら跡形も無かったけど。
誰か持ち去ったか?



[作品写真データ]
モデル:フクロウ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1250
F値:5.6
露出補正:+3/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

あぜみちをいっぽふみだすいきしろし
コチョウゲンボウとチョウゲンボウの識別がなかなかつかなくて・・・
どうやらこれはコチョウゲンボウで間違い無さそう。
ただ、これはメスなんだけどね。
オスは未だに未見だなぁ、この辺りにもいるという話は聞くけど。

2019.01.04 コチョウゲンボウ (1 - 1)-4

この時はテレコンを付けていて。
なかなかピンが来なくて苦戦した。
やっぱりテレコン無しの方が使い勝手は良いのだと思う。

2019.01.04 コチョウゲンボウ (1 - 1)-2

これ ↑ なんかも勿体ないよなぁ・・・
なんでピンが来ないんでしょ。
泣きたくなる。
この時は逆光でとにかく眩しくて、更に輪を掛けて雪の照り返しもあって。
と、色々言い訳はあるけど、結果全てだからなぁ。

2019.01.04 コチョウゲンボウ (1 - 1)-3

鳥運はある方だから、あとは何と言っても技術だよなあ。
ピントを合わせるのってのは運動神経なのかなぁ?
どうも自分の思っている通りにはならずに、あと一歩の写真を量産している。
まあ、それが次へのモチベーションになってはいるのだが(笑)



[作品写真データ]
モデル:コチョウゲンボウ メス
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1600
F値:5.6
露出補正:-7/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

およぐにはちとひろすぎるふゆぎんが
ハシビロガモは集団でグルグル回っているイメージがあるのだけど。
これを撮った時はそうしていなかった。
あのクチバシの広さはなかなかチャーミングかと(笑)

2019.01.08 ハシビロガモ (1 - 1)-4

湖面の撮影というのは面白いもので。
ほんのチョット角度が変わるだけど水の色が随分と変化する。
写り込んでいる空のせいなのか・・・?

2019.01.08 ハシビロガモ (1 - 1)

鳥見も年数を重ねてくると、ただ撮れば良いわけじゃないよなぁ・・・
と、強く思ったりもする。
証拠写真であれば、何回も撮っているしなぁ。
かと言って、じゃあどう撮るんだ?っていう答えを持っているわけでもなく。
なんとなくダラダラと(笑)
そういう意味では俳句を組み合わせると無限のバリエーションにはなるわけで。
やっぱりこの形で残しておくのは正解かもしれない。




[作品写真データ]
モデル:ハシビロガモ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:7.1
露出補正:+7/10
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

ゆくさきがにてんさんてんかんのうち
そろそろ、あの辺りにあの鳥が来ているのでは・・・?
と、移動してみるけど。
今年の冬は恐ろしく鳥がいない。
ので、あっちに行ったりこっちに行ったり。

2019.01.07 トモエガモ (1 - 1)-2

仕方が無いので水鳥でも撮っておこうか・・・
そうは言っても(笑)
トモエガモは貴重と言えば貴重だよな。
図鑑によれば絶滅危惧Ⅱ類となっている。

2019.01.07 トモエガモ (1 - 1)-3

去年トモエガモを撮影していたときは、初めて見たって事もあるし。
随分遠くにいてなかなかまともに撮影出来なかったので必死だった。
慣れるというか飽きるというか。
緊張感と感動がどんどん消えて行くような(笑)

2019.01.07 トモエガモ (1 - 1)-4

ところがギッチョンチョン。
こういう ↑ 失敗写真が撮れると、悔しくなって俄然やる気が出てくるというもの。
トモエガモが飛ぶというのも想定外だったのでブレブレのボケボケなんだけど。
次はしっかりと狙ってやろうとリベンジを誓うのであった。
これでモチベーションが維持出来るというもの(笑)


[作品写真データ]
モデル:トモエガモ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/200
F値:5.6
露出補正:ゼロ
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ