こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

2019年04月

ばいそくでとおりすぐものはるのゆめ
今年のマイブームは流し撮り。
歩留まりは相当悪いけど。
たまに撮れると思いの他面白い色合いだったりする。
今の時期は背景がイマイチなので、こうして流すとそれが消されて良い感じ。

2019.03.31 ハヤブサ (1 - 1)

今回の設定は1/60のシャッター速度。
何となくここのシーンではこれが良い感じで撮れるような。
勿論、三脚など使わず手持ち撮影。
手振れ補正が良い感じに効いていると言う事なのかしら?

2019.03.31 ハヤブサ (1 - 1)-3

もっともクオリティは全然低くて。
小さな画面で見ている分には全然OKだけど等倍にすると被写体がブレている。
どこをどうコントロールすれば良いのだろう?
ずっと考えているのだけど。
結果を作り出した時のプロセスを身体で覚えるしかないか(笑)

2019.03.31 流し撮り (1 - 1)

一つ言えるのは、これ ↑ みたいに、左から右へ振るのが苦手みたい。
ほとんど撮れたためしが無い。
身体の使い方が下手って事なんだろうな。
まあ、ヒナが孵るまでにはもう少し時間があるから練習を続けるだけだな。



[作品写真データ]
モデル:ハヤブサ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1X
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/60
F値:9.0
露出補正:無し
ISO:80
WB:オート
露出プログラム:マニュアル
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

のあそびやよがのぽーずはおぼえたて
すっと出てきた十七音にたいして、途中から自分の中で疑問符が飛び交う。
「覚えたて」って日本語はあるのかな?
ATOKで変換かけると「覚えた手」となってしまうし(笑)
一応調べてみると「覚える」+「立て」という結論。
日本語としては成立している模様。

2019.03.28 セグロセキレイ (1 - 1)-2

中七の「ヨガのポーズは」という部分。
「ポーズ」より「姿勢」か?とか。
でもなぁ・・・「ヨガの姿勢」だとなんかしっくりこないし。
そう言えば「ヨガ」って別の日本語表現あるのかなぁ?とか。
次々と疑問符が出てくるわけで。
まあ俳句は暇つぶしにはもってこいの遊びである事は間違い無い(笑)

2019.03.28 セグロセキレイ (1 - 1)-3

セグロセキレイは決して珍しい鳥では無いけど。
鳴き声はとっても綺麗で好きな小鳥のひとつ。
こうやって目線で撮影するとなかなか良い感じ。

2019.03.28 セグロセキレイ (1 - 1)-5

E-M1Xにも当然プロキャプチャー機能は搭載されているわけで。
これ ↑ はプロキャプチャーで撮ったもの。
飛び出しはほぼ100%撮れる。
このカメラはまだまだ機能満載なんだけど。
取りあえず鳥撮りに必要な部分だけ追い込んでいる最中。
いまだハイレゾの使い方も知らないしね(笑)


[作品写真データ]
モデル:セグロセキレイ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1X
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1600
F値:4.5
露出補正:無し
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ