トビは良く見るのだけど。
トビ意外の猛禽類って全然撮した事が無い。
本日偶然、ノスリに遭遇。



最初見つけたのはリンゴ畑。
なんか大きなものが枝の上にのっかているけど鳥かな?なんだろ?
って感じで近づいたら猛禽らしき姿。



トビにしては白いなぁ。
なんだろ?とにかく撮しておかなきゃ。



小鳥よりは近くまでよれたけど、気がつかれて逃げられた。



次は電柱バックじゃ、絵にならないなぁ・・・



絶対にトビじゃない筈と、友人に鑑定依頼(笑)
で、ノスリ決定!

喜んで移動中に上空を猛禽ちゃんが。



うわ〜尻尾の形からして絶対、これもトビでは無いはず。
とにかく連写連写。



幸いにも旋回しているので、なんとかカメラに収まる。
ずっと、カラスや鴨で練習していた甲斐があるというものだ(笑)



首が痛くなるのと、太陽に近いので目が眩しいのと。
それでも、とにかく頑張って撮す。



そして、遙か彼方へ消えて行った。
これらの画像も鑑定依頼(笑)
で、ノスリと認定。
今日の猛禽撮影はメチャメチャ満足度高し。

さて、このノスリだけど。
「鷹」の傍題で冬の季語でした。

「鷹」「モロガエリ」「ノスリ」「チュウヒ」「ミサゴ」これらが一纏めです。
鳥見がもう少し落ち着いたら、しっかりと俳句をつけて行こうと思います。
なんせ今は初見の鳥ばかりなので見てるだけエキサイトしてしまって俳句どころでは無い(笑)