イカル 珍しく季語になっていない鳥。
連写で撮ったので丁度ジャンプしている絵になった(笑)
キョンシーのように、ピョンピョンと跳ねながら進む。



ペンギンにちょっと似てるような。
雪の中にいるから余計そう見える。




イカルの群れをみたら、よ〜く目をこらして見るようにと言われた。
コイカルが混じる事がよくあるそうだ。
そしてコイカルは結構貴重な鳥だとか。



どんなに頑張って目を凝らしてもコイカルはいなかったと思う。



真ん中はツグミ。
ここはリンゴ畑なんだけど、次々と鳥がやってくるので見ていて飽きない。



こういう絵 ↑ だと、千と千尋に出て来た顔無しみたいな感じ(笑)


イカルのように群れで動く鳥たちがやってくると賑やかで良い。
もっとも、去った後は寂しいけどね。