ホオジロ (1 - 1)-5

ホオジロ 春の季語
そうだよね〜 これぞ春の季語って感じがする。
山でも川でも、高らかに気持ちよさそうな鳥の鳴き声がしたらホオジロだと思えば良いと思います。

ホオジロ (1 - 1)-6

どこから、あんな大きな声が出るのだろう?と思わせる。
声量と澄んだ声の持ち主。
サイズはスズメとだいたい同じくらいかな。

ホオジロ (1 - 1)-4
 
この写真 ↑ のように、案外と枝などの先端付近に留まってくれたりします。
というか、明るい場所がこの子は好きなんだと思うわけで。
ふむふむ・・・自分でこう書いていて俳句の種がいっぱいだなと思ったりする(笑)

ホオジロ (1 - 1)-2
 
こういう絵も結構な割合で撮れるのが特徴?かな。
枝に囲まれているようでいて、しっかりと窓がついているとでも言えば良いかな?
もう一枚 ↓ こっちも似たような絵になってます。

ホオジロ (1 - 1)
 
熱唱してんだよね ↑ この子(笑)
春だな〜って感じですよ。
フィールドを歩きながら、ホオジロの声を聴く。
その時の空気に感じだとか足元の感覚を感じる。
俳句が生まれてくるような、そんな気がする。

けど・・・出来てません(爆)