クロジ (1 - 1)

クロジ 歳時記に掲載無し。

ゴールデンウィークの戸隠ってのはとんでもなく混んでいる。
戸隠森林植物園にはここのところ毎日のように通っているのだけど。
鳥の数よりバーダーの数の方が多いのでは?と思ってしまう。

遠方から来ている人達は天気関係無しだから気の毒だな。
今日(5/4)はイマイチの天気だった。

ともかく人が多いので森林植物園を途中で抜けて牧場の方に足を向けた。
ここの道は何度かトレランレースで来ている。
すぐに出会ったのがクロジ。




これって逆光で高い位置だからどうしてもこういう写りになってしまう。
これじゃ、逆光の中のアオジか?みたいな(笑)
まぁ、しっかりと見ればアオジじゃなくてクロジだとは判断出来るのだけど。



 これなんかは、クロジだとハッキリ判るショットかな。
それでも、もう少しまともなカットが欲しくて。
藪の中に入り順光に近い状態を探る。


 
こっち側に回り込めれば、こういう写りになる。
こんな事も当たり前な事だけど。
現場で学んだ事でもある。


 
クロジの囀りもなかなかのモノである。
図鑑によると繁殖期の今はこうして枝止まりするけど基本的には藪の中らしい。



露出補正を思いっきりかけての証拠写真(笑)
これでクロジ確定。

そりゃそうと、またまた遭遇してしまいました(恐)



戸隠でクマは珍しい事では無いのだろうけど。
この1週間で2度も会うってのは気持ち良い事では無いぞ。
今回は周りに誰もいないエリアだったのと、なんかイヤな予感があったので写真などとらずにとにかく足早逃げてきた。
『逃げるが勝ち』って言葉を座右の銘に。

前回の写真は反響があって、そんなのに味をしめて撮影始めたら危ないよね。
今回の自分の判断を褒めてあげたい。