あの人の安否気になる野分かな
あのひとのあんぴきになるのわきかな

R0014563.JPG

切れ字を入れると全体を文語で統一する必要がある。
口語で作るのは簡単だけど、今は切れ字を使いたい。

フォト×俳句を始めてすぐに、歳時記、国語事典を揃えた。
とりあえず新しく揃えた国語事典は藤田湘子お薦めのこれ。



現代語と古語が載っているので、湘子は普段これを使っているとか。
確かにこれで十分なんだろうけど、いかんせん文字が小さい(爆)
だんだん老眼が進んできている自分にはチト辛い。

まぁ、見える見えないはともかくとして。
辞書の引き方がイマイチわかるような分かんないような。
いい年をしてと言われそうだが、文語に関しては特に感じる。

文語はやっぱり古語辞典の方が良いかなと、家の中を探すと息子の使っていたものが何冊も出てきた。
とりあえずこんなのとか。

ベネッセ全訳古語辞典 改訂版
中村 幸弘
ベネッセコーポレーション
2007-11-20


これは高校生用だと思うけど二色刷りで案外見やすい。
ので、ここのところこれと毎日格闘している。

ところで、文語の使いかたが合っているのか間違っているのかをどうやって確認するのか。
ここが問題。
誰が詳しい人がいたら教えて貰えるのだが。
哀しいかな、とりあえず独学中。

俳句であれば、とりあえず、品詞ごとにバラバラにする必要がある。
今日の句であれば。
[あの][人][の][安否][気に][なる][野分][かな]
これで正解か?
そもそも、これの分解がイマイチ不明なので辞書を引きようがないってわけ(泣)

なんとなく、
[あの人][の][安否][気になる][野分][かな]
なのかな?とも思ったり。

こうなってくると、フォト×俳句どころの話しじゃなくなってくるな。
で、何がしたいかって話だけど。
[気になる]ってフレーズが気になるわけで(笑)
この中で文語なのか口語なのか判別し難いのがこのフレーズ。

ここまで書いてきて、我ながら情けなくなってきたぞ。
何というか、そもそものところが判っていない証拠なわけで。
まぁ、このブログの趣旨は成長の記録だから何年か経った時に笑いながらここを読める事を祈る。

[俳句解説]
季語 野分 天文 中秋
台風や自然災害のニュースを見聞きすると不思議と誰かの安否が気になる。
自身が渦中の人でない証拠でもあるわけだけど。
日本中のあちこちに知り合いが点在してたりすると余計気になるってもんだ。

[写真解説とデータ]
信濃町で撮影した小学校の校庭にあった花。
残念ながら花の名前は知らない(泣)

カメラ:RICHO GRDⅣ
絞り:1.9
シャッター速度:1/380
WB:自動
露出補正:±0.3

[何故この写真とこの句を取り合わせたのか]
野分=台風の状態を表すような画像、例えば濁流の河川だとか、折れた雨傘等では近すぎと思った。
この花を安否を気にしている人と見立ててニュートラルな状態のものを合わせた。





にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。