くれのはるかいだんしたのひみつきち
「フォト×俳句」の肝要の一つ、写真と俳句の距離。
付かず離れずというか、付きすぎない事が大事だと良く言われる。
この作品は、思いっきり離したもの。
というか、見た人には全く関係無いものという事になるはず。

何が写真と俳句を繋げているかと言えば、作者(=私)の今日の体験(笑)
これは他人には判らない。
吟行句として吟行に参加した人には判るかも。

グリーンアスパラのキッシュ1

別に吟行したわけでも、句会を開いたわけでも無いけど。
時間と空間を数人で共有した。
その時の話題と、その時の料理を俳句と写真で合わせてみた。

グリーンアスパラのキッシュ

 「グリーンアスパラのキッシュ」と、「鶏胸肉の低温ロースト グリーンマスタードソース」
料理の写真を撮るのは、花の写真を撮るより好きかも。
何が自分の中で響くのか言葉に出来ないけど、とにかく撮りたい衝動にかられる(笑)

ペンネ 季節野菜のトマトソース
 
「ペンネ 季節野菜のトマトソース」 
美味しい料理を美味しそうに撮したい。
とか、メニューにある写真より美味そうに撮したいとかの欲求。
まぁ、今回は写真付きのメニューは無かったのけど。

メカジキのソテー ケッカソース
 
「メカジキのソテー ケッカソース」
料理の写真のクオリティを上げようと思ったら絶対に窓際の席を確保する必要がある(笑)
お店のスタッフだとか専属のカメラマンでは無いので特別のライティングを施す事は出来ない。
なので、自然光をどれだけ使えるかで写真は変わると思う。

カッサータ


客として食事をしているだけなので、まさか三脚を持ち込む事も出来ないしね(笑)
一人で来ているわけでも無いので、撮影に時間をかける事も出来ないし。
ササッと撮ってしまわないと周りの迷惑にもなる。

真っ白な器に盛られたスィーツは、毎度なかなか納得の写真にはならない。
明るさというかホワイトバランスというか、なんか気になる。
現像時に色々試みるのだがイマイチ上手く行かない。
こいういのって案外基本的な知識不足から来ている事だったりするのだろうなぁ。
 
[作品自解]
こういう料理を食べた前後に、こういう話題が出たという俳句を合わせる。
写真と俳句はそれぞれ独立している。
掛け合わせたときに、それがコラボとして成立するのかと言われると、どうなんだろう?(笑)
まぁ、日記俳句だから個人的には全く問題無しだけどね。

 [作品写真データ]
モデル:メカジキのソテー ケッカソース
カメラ:RICOH GR
レンズ:GRレンズ
シャッター速度:1/60
F値:2.8
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
Lightroom CC2015 for Mac


 
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。