はなしあうことなにもなきなつのそら
ハヤブサの写真を撮る度に自分の力の無さを思い知らされる。
どうしてもフレームの真ん中に被写体を納められない。
もし仮に出来たとしてもボケボケだったり。

ハヤブサ (1 - 1)-2
 
背景は良い感じだし、ハヤブサのサイズも良いのになぁ・・・・
イマイチだよなぁ。
結局、鳥撮りは運動神経がものを言う分野なのでは無いかとつくづく思う。

ハヤブサ (1 - 1)-2 2
 
これ ↑ なんかはまぁまぁ許容範囲かも知れないけど。
去って行く絵だし。
向かってくるハヤブサの写真を撮ってみたいたいな。

ハヤブサ (1 - 1)-3
 
シャッター速度を稼ぎたいけど。
光が無いと、これがなかなか難しい。
ISOとのからみもあるしね。
機材を揃えればほとんど解決しちゃうんだろうなぁ・・・・(^_^;)


[作品自解]
四の五の言ってるうちにフレームの外にハヤブサは逃げていってしまうよ。
という一句。


 
[作品写真データ]
モデル:ハヤブサ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/2000
F値:6.3
ISO:320
WB:オート
露出プログラム:シャッター優先
EXテレコン ノートリ
Lightroom CC2015 for Mac

ISOは400以下でシャッター速度は1/2000以上にするとハヤブサの飛翔は綺麗に写ると思う。

 
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。