なつやまやつきにいちどじゃちとたりぬ
黒鶫(クロツグミ)は俳句の世界で夏の季語。
そして、感覚的に夏鳥の代表格。
あの声を聞くと夏だなぁ・・・って。


08 クロツグミ (1 - 1)-3

GW中最後まで撮影出来ずにいたのが、このクロツグミだった。
ようやく撮影に成功。
もう少し近くで撮りたいなぁと切に願う。

08 クロツグミ (1 - 1)-4

これ ↑ じゃあねぇ(^_^;)
証拠写真にもならないよね。
とにかく野鳥撮影は瞬間的な反応が求められる。
いかに速くファインダーに納めて、いかに速くフォーカスを合わせるか。
構図は取りあえずトリミングでなんとか(笑)

08 クロツグミ (1 - 1)

これ ↑ も、あとほんの少しだけこちらを向いてくれればというショット。
まぁシーズン初撮りなので、まだまだこれからってところで。
シーズンベストがいつになるのか楽しみではある。
偶然だけど去年の5月9日もクロツグミだった(笑)


[作品写真データ]
モデル: クロツグミ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:6.3
ISO:250
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。