はつなつのにゅうしゃかくどをはかりけり
月刊「俳句界」7月号の写真俳句のコーナーで優秀賞を頂きました。
ありがとうございます。
すっかりアップするのを忘れていた。
5月号、6月号と連続でボツだったので嬉しい。
ってか、これは結構な自信作だったので、本当は優秀賞でなく大賞が欲しかった(笑)

28 俳句界 (1 - 1)

講評というか選評というか、鑑賞の一言は以下の通り。
『餌を求め、幹を螺旋状にのぼるキバシリ。急な角度の幹を攻略するキバシリの「入射角」と撮影に必要な「入射光」をかけた上手さに一票』とある。
なるほど~ そう読むのかぁ・・・と感心したりして(笑)

撮影に必要な「入射光」ってどんな光なんだろう?
と調べてみたら露出を決める時の方法に反射光式と入射光式があるという事が判明。
ますます、なるほど~っと感心。
凄いな、これを選んでくれた人の知識量。
こんなに写真撮ってるのに全然そんな知識を持ち合わせていない自分が恥ずかしい。

作った本人が解説すると(笑)
今年も夏が来た。
今年の夏はどんな角度で自分の中にやって来たかを今測った!
気持ち良いぞ~
こんなファンタジーというかメタファーなんだけどね。

読み手に力量があると、たいした事の無い俳句も違う解釈でそれなりに読めてくる。
そこが俳句の良さでもあるのだ。


[作品写真データ]
モデル: キバシリ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:6.3
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。