しんまいをおかしらつきでくらいけり
喰らうかぁ・・・?的な(笑)
新米だったら、おかずなんて何もなくてもそれだけで美味しいだろうから。
むしろ、何にもおかずがなくても大丈夫だって風に詠んだ方が効果的?
まぁ、これだけ大きな魚が写っている写真だからね。

18 ミサゴ (1 - 1)-5

こんな感じ ↑ で、上空を何度も旋回しながら獲物を見極めているんだよね。
猛禽類の目ってどんだけ凄いんでしょ?
狙いを定めると一気に急降下するわけで。
魚に気が付かれて潜られる前に行かなきゃだからね。

18 ミサゴ (1 - 1)

一瞬カメラ目線だったりして(笑)
ってか、自分が襲われるかとチョットビビったりもしたけど。
あんまり人間の事は気にしてなかったかな。
とにかく獲物選定に時間をかけていた。

18 ミサゴ (1 - 1)-6

それにしても、これ自分が水面で受ける衝撃の度合いとか計算してるのかなぁ?
自重がどれくらいあるか知らないけど。
結構な速度で急下降して自分が脳震盪でも起こしそうだけど。

18 ミサゴ (1 - 1)-2

こんだけの獲物があれば、意気揚々と家路につけるはず(笑)
家でかみさんとか子供とか待っているのかな?
狩りの成功率ってどれくらいなんだろう?



[作品写真データ]
モデル: ミサゴ
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1600
F値:4.5
露出補正:+1
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:シャッター優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。