ゆきをよぶぎしきのようなえんえがく
ハシビロガモは初見初撮り。
何羽も集まって円を描き、水中のプランクトンを浮き上がらせて食べるとか。
このサークルは彼ら独特の習性のよう。
見ているといくつかのサークルが出来ては消えて行く。

24 ハシビロガモ (1 - 1)

こっちの方が ↑ ぐるぐる回っている感じが見てとれるかな。
作品に仕上げた方は雪を写したくてシャッター速度を上げたらカモの動きが完全に止まった。
何はともあれ、このサークルから外れないと顔が判らない(笑)

24 ハシビロガモ (1 - 1)-2

これ ↑ がオスのハシビロガモ。
なんというか、カモ類はどれも目つきがキツイというか、怖い。
なんて目つきをしているんでしょ。

24 ハシビロガモ (1 - 1)-3

こっち ↑ が、ハシビロガモのメス。
クチバシが名前のとおり広がっているのが特徴。
確かに、あまりここら辺りではみかけないカモだと思う。
カモの種類も多いのでなかなか識別も難しい。


[作品写真データ]
モデル: ハシビロ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/3200
F値:4.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。