おおみそかとはいえとりをとりつづけ
ルリビタキに今年は苦戦している。
ここのところしばらく姿さえも見えずだった。
ようするに、人が沢山いると鳥は逃げるって話なんだろうなぁ(笑)
上の写真 ↑ は、目の前の枝に飛んで来てくれたところ。
ほんの一瞬をどうにかものに出来た。
これを撮れた自分を褒めてあげたい。

31 ルリビタキ (1 - 1)-2

肉眼ではこれより ↑ もっと小さくしか見えない。
一応画面の中央に写っていることは写っている。
この状況でルリビタキだと認識して、その後の動きを追わなければならないわけで。

31 ルリビタキ (1 - 1)-3

こんなの ↑ 全然判らないよね。
とは言え、このくらいで発見しておきたいところではある。

簡単に誰でも撮れるようだったら大晦日の日まで頑張って撮ろうなんて思わないだろうね。
何度も何度も失敗写真を量産しながら、それでも中に数枚良い写真をいただく。
すると、それよりも更に良い写真を撮ろうと頑張る。
大晦日だろうが元旦だろうがお構い無し。

という一句(笑)


[作品写真データ]
モデル:ルリビタキ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:5.6
露出補正:ゼロ
ISO:500
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。