いてぞらのしたによりあうしゅやくきゅう
主役級の野鳥ってなんだ?
と、問われると困るんだけど(笑)
要するに、ちょっと無理してでも観察に行きたいと思わせるような野鳥。
ヒレンジャクなんかは、まさに主役級かと。

30 ヒレンジャク (1 - 1)

これを写した時は、ヒレンジャクを見に行ったのは無くて。
他の野鳥を見に行ったわけで。
そっちがなかなか登場しないから、なんとなくウロウロと徘徊してたら。
至近距離にヒレンジャクが停まっていた。
しかも他にバーダーはいないので一対一の関係を作れた。

30 ヒレンジャク (1 - 1)-2

ヒレンジャクをこれだけ至近距離で撮れるのは初めてかな。
あんまり人を警戒しないもんだと感じたけど、果たしてどうなのやら?
そうは言っても人間が近寄れば、それだけでストレスなんだろうけどね。

30 ヒレンジャク (1 - 1)-4

この時は久しぶりにテレコン使っての撮影でした。
やっぱりピントが合う速度が若干落ちる。
というか大分落ちるような・・・
それでも、結構じっとしていてくれたので良い絵が撮れたかと。

この界隈には実は他にも主役級の野鳥がいるようでして。
まぁ結局のところ人間の数が少なければ少ないほど鳥には快適な環境んだろうな。
オールスターキャストで見れたら良いな。
という一句。


[作品写真データ]
モデル: ヒレンジャク
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:5.6
露出補正:ゼロ
ISO:640
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。