めをとじたままうごきだすはるのまい
シャッター速度優先で撮影している時に光が不足すると真っ暗な絵になる。
これ ↑ も実は真っ黒な絵だったんだけど、Lightroomで現像してここまでに。
ちなみに元の絵はこちら ↓ なんだけど。

05 エナガ (1 - 1)-5

この ↑ 状態から露出等々を補正かけて若干トリミングして完成させたのが最初のもの。
白飛びは戻せないけど、アンダーはある程度まで復元可能。
RAWで撮影しておくことが前提だけど。
まぁ、このくらいの変化が作れれば価値はあるかなと。

05 エナガ (1 - 1)-2

当然こちら ↑ も同じような処理をしているわけで。
ちなみにISOは上限を1000にしている。
これも迷うところで、もっと上げて撮影するのとどっちが良いのやら?
APSCとかフルサイズのカメラだともう少し常用ISOが上げられると聞く。

05 エナガ (1 - 1)-4

こういう ↑ 写真もシャッター速度優先でないと撮れない写真。
で、上で書いた悩みが当然出てくる。
もう少し解像して立体感のある絵にしたいけど。
無い物ねだりかな(笑)



[作品写真データ]
モデル: エナガ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II 
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/2500
F値:4.0
露出補正:+3/10
ISO:1000
WB:オート
露出プログラム:シャッター優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。