こいのくのこいのゆくえやとりさかる
「鳥交る」という春の季語だけど。
あまりに直線的でどう使って良いのやらって感じ。
特に「フォト×俳句」だと、どういう写真に合わせましょう?だな。
このくらい ↑ だと、なかなかオシャレかなぁ・・と(笑)

2019.03.27 鳥交る (1 - 1)-3

鳥の観察を頻繁に行っているバーダー。
あるいはカメラマン達がこれ ↑ をみたら、予感が走る筈(笑)
「鳥交る」の季語で「フォト×俳句」を創るギリギリのラインの写真かなぁ・・・


2019.03.27 鳥交る (1 - 1)

まんまだ・・・(笑)
これは、あまりに遠くてボケボケの写真だけど。
むしろこの位の方が表現としては良いのかもなぁと思ったりして。


2019.03.27 鳥交る (1 - 1)-2

ハヤブサやチョウゲンボウの交尾よりコチドリの方がアクティブというか・・・
動き回るし、時間が長いし・・・
まぁ、春の季語にもなっているくらいの風物詩というところで撮っているけど。
趣味が良いのか悪いのか(笑)



[作品写真データ]
モデル:コチドリ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1X
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
シャッター速度:1/1250
F値:8.0
露出補正:
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:マニュアル
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。