みずあそびみずをあびたきゃまえにでろ
ハヤブサの雛も無事巣立ち、今シーズンのハヤブサ観察はほぼ終了かと。
思えば交尾のシーンから始まって随分と様々な写真を撮らせて貰った。
その中でも今年はこの水浴びのシーンをかなり至近で撮れたのはラッキーだった。

2019.05.19 ハヤブサ (2 - 5)

毎年なんだかんだで一度くらいはハヤブサの水浴びシーンを目撃するけど。
今シーズンは距離も光もかなり恵まれた状態での撮影だったような。
ひょっとすると人間がいない時間帯には普通に水浴びしているのかもだけど。


2019.05.19 ハヤブサ (3 - 5)

ハヤブサの水浴びって、それほどバシャバシャと水飛沫を浴びてするわけでなく。
どちらかと言えば大人しく静かに湯船に浸かるようなイメージかと(笑)
そりゃそうと、これだけ近い距離で観察するとハヤブサのサイズの大きさに驚く。

2019.05.19 ハヤブサ (4 - 5)

自分の撮影スタイルは三脚を使わず基本手持ち撮影なわけで。
機動力勝負みたいなところがある。
いつもハヤブサを観察している場所から500メートルくらい離れたポイント。
去年も似たような場所で水浴びしてたっけ。
あっ!と感じたらカメラを持って走るのが鉄則(笑)

2019.05.19 ハヤブサ (5 - 5)

こうして見ると、朝の光でこの距離の絵というのは、なかなか美しいかと。
自然相手なのでいつ何があるのか判らないわけで。
そういう意味では常に動けるように身体を鍛えておかなきゃなと(笑)



[作品写真データ]
モデル:ハヤブサ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1X
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/10000
F値:4.0
露出補正:無し
ISO:1250
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。