こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > オオマシコ

しずかなるいのこりぐみやはるのつち

あらら・・・?
まだいらしたのね(笑)
ちょっとビックリ。

27 オオマシコ (1 - 1)-2

シーズンの終わりになってくると、目撃してもわりとスルーしてたりして(笑)
最初の頃は血眼になって探し回ってたりしたのにね。
まあなんというか現金な物で。
今年はオオマシコもかなりの枚数撮影してるしなぁ・・
この色の個体が最初の頃に登場してれば大騒ぎだっただろうに。

27 オオマシコ (1 - 1)-3

3/23の撮影なんだけど。
周りには誰もいなかったし、既に人々の興味は動いていたし。
鳥に優しい環境というのは、つまり人がいない場所って事かも。
なかなか共存は難しいのかな?

ちょっと前に聞いた話だけど。
庭先に野鳥が飛んできて糞をすると。
そこから、色々変わった草木や花が発芽するとか。
それを楽しみにしているとか。
なんか素敵な話ではある。



[作品写真データ]
モデル:オオマシコ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:5.0
露出補正:無し
ISO:250
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。



さえかえるまだまだつづくあかあおき
日記俳句の真骨頂・・・的な(笑)
一応解説しておくと。
赤:オオマシコ
青:ルリビタキ
黄:ミヤマホオジロ
この時期に頻繁に撮っている被写体なんだけど、季節が冬から春に変わっても続く。

05 オオマシコ (1 - 1)-3

オオマシコに関してはなかなか出会うのが大変だったりするみたいで。
この時も何人かが出会いを求めていたけど、多分撮れたのは自分だけかと。
少し前だともう少し数が多かったみたいだけど、群れの中の数が数羽になっている。
この時も4~5羽の群れだった。

05 オオマシコ (1 - 1)

それでも、オオマシコに関しては出会う事が出来れば、結構近くで撮れる。
あまり人に関して警戒心が無いのではと感じているけど、どうなんだろう?
この鳥のオスはホントに綺麗な赤。
それも光の加減で随分と見え方が違うのでホントは色々な光の中で撮影したい気分。

もう少しは行けるのかな??



[作品写真データ]
モデル: オオマシコ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II 
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:4.5
露出補正:+7/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

みのたけにつもりしゆきのまえでまう
オオマシコの体長は17㎝と図鑑にある。
まぁ。そこくらいの積雪は楽にあるような(笑)
こうして改めて見ると美しい鳥だ。

15 オオマシコ (1 - 1)-2

普通に考えたら、これ絶対に先祖はスズメだな。
スズメと何かが交配して交配して交配して現在に至る・・・的な(笑)
で、オオマシコの目はなんとなくユーモラス。
悪く言えば間抜けな感じ(笑)

15 オオマシコ (1 - 1)-4

もっと解像させたいなぁ・・・
やっぱりフルサイズに大砲を揃えなきゃダメかな・・・
でも、そしたらこんな場所では撮れないだろうしなぁ・・・
あちら建てればこちら立たずの鳥撮りの世界(笑)


[作品写真データ]
モデル: オオマシコ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/800
F値:5.6
露出補正:+7/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

なにもかもふゆあおぞらのおかげかな
ようやく、オオマシコらしいオオマシコの撮影に成功 (嬉)
昨シーズンもワカばかり撮っていて、このくらい赤い個体には一度しか出会えなかった。
しかもその時にワンカット撮れただけ。

14 オオマシコ (1 - 1)-2

鳥見を始めた最初の年にオオマシコに出会って。
その時は全然、この鳥の希少価値は知らず(笑)
随分と赤い鳥がいるもんだなぁと驚いてたっけ。

14 オオマシコ (1 - 1)-3

このブログにこれだけ、綺麗なオオマシコをアップするのはどうやら初めてらしい。
ここに全ての記録を置いているつもりなので。
貴重な写真になるか、今後どんどん増えて行くことになるのか。

15 オオマシコ (1 - 1)

オオマシコには雪景色が似合うなぁ・・・
どアップも良いけど、これくらいの引きの写真もなかなか良いぞ。
スマホの画面では判らないと思うけど、27インチのモニターでみるとちゃんとキャッチアイあります。

それもこれも全ては冬青空のお陰様だなぁ・・・
という一句。


*ブログ村のランキング復活してきました。
 俳号を変えたときにブログのURLも変えて、それが反映してなかったみたい。
 それほどランキングを気にしているわけでも無いけど。
 まぁ上位にいた方が良いと言えば良いかな(笑)




[作品写真データ]
モデル: オオマシコ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/640
F値:5.6
露出補正:+7/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

かざはなをながめてきみはむぼうびに
鳥の正面顔はなんとなく間抜けな感じが多いんだけど。
鳥のお尻は総じてキュートである(笑)
これ ↑ は、オオマシコのお尻。
良い感じにロールしているところが素敵かと・・

15 オオマシコ (1 - 1)

もちろん、お顔だって可愛いですよ。
鳥も色々いるけど、個人的な好みで顔が好きな鳥は撮っていても力が入る(笑)
結局のところ人でも鳥でもそこかよと言われそうだけど。
美男美女は多くの人を幸せにする。

15 オオマシコ (1 - 1)-3

ポートレートと同じで、接近できるのであれば。
正面も右からも左からも撮っておきたい。
まぁそこまで撮らせてくれる鳥は圧倒的に少ない事も事実だから。
撮影頻度をあげるしか無いわけだが・・・



[作品写真データ]
モデル:オオマシコ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

シャッター速度:1/250
F値:4.0
露出補正:3/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ