こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > オオアカゲラ

もんくなきかかあてんかやなつめけり
チョット前の写真だけど。
オオアカゲラの飛びだしシーン。
この頃はオスとメスのツーショットが撮れていた。
途中からなかなかこのツーショットは難しくなったみたいで。
なんでも、その時にとにかく撮れるものは撮っておかなきゃなって思った。

18.05.01 オオアカゲラ (1 - 1)-2

ハヤブサにしてもオオアカゲラにしても人間にしても(笑)
甲斐甲斐しく働くのはメスの方だなぁ。
オスはどこの世界でも怠け者?

18.05.01 オオアカゲラ (1 - 1)-3

そりゃそうと、こういう ↑ 写真はやっぱり青空だと綺麗だなぁ・・
写真は背景命だなぁ・・・
などと強く思う今日この頃。



[作品写真データ]
モデル:オオアカゲラ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1250
F値:4.5
露出補正:無し
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
リミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。


まちわびしなつのとびらをあけてたつ
今年の立夏は本日5月5日。
ようやく春の季語の呪縛から解かれ夏の季語を使える(笑)
とは言え、今朝はメチャメチャ寒くて雪が軽く積もってたりもしたけど・・

05 オオアカゲラ (1 - 1)-5

オオアカゲラの巣からの飛び出しシーンを取りあえずアップしておきましょう。

05 オオアカゲラ (1 - 1)-4

穴から出て一気に両翼をガッと開くみたいですねぇ。

05 オオアカゲラ (1 - 1)

ここで若干左に舵を切った模様。

05 オオアカゲラ (1 - 1)-2

カメラマンはどっちに飛び出すのかをそれぞろ予測してレンズを向ける(笑)

05 オオアカゲラ (1 - 1)-3

これ、OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIのプロキャプチャーという機能で撮ってます。
で、電子シャッター使っているので秒間18コマ撮れているわけで。
割と簡単にこの手の撮影は出来てしまうのがミソ。
しかもこれRAW撮影だったりするのが凄い。


[作品写真データ]
モデル:オオアカゲラ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/2500
F値:4.0
露出補正:無し
ISO:500
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
リミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

もくどうのいりぐちふきんくがつじん
九月も終わりか・・・
一年の中で一番好きな月なんだけど。
今年は何をしていたのかな?
それほど大きな出来事も無く、可も無く不可も無く淡々と過ぎて行く。
それこそが幸せかも(笑)

30 オオアカゲラ (1 - 1)-2

オオアカゲラが営巣していた頃は、それこそ日本中から人が訪れていたけど。
さすがに閑散としていた。
とは言え・・・
あと2週間くらいでまた賑わいを取り戻すかな?(謎)

30 オオアカゲラ (1 - 1)

正直なところ、オオアカゲラよりもアカゲラの方が好きなんだけど(笑)
世間的にはオオアカゲラの方が希少価値があるからなのか人気が高いような。
何はともあれ、花の写真を撮っているより圧倒的に鳥の写真の方が面白いや(笑)

30 オオアカゲラ (1 - 1)-4

考えてみれば・・・人が少なければ少ないほど、鳥は撮りやすい事は事実。
散歩しながら鳥を探しながら。
で・・・何処で撮ったかと言えば木道の入り口だよ~
背景の玉ボケが綺麗でしょ~
という一句(笑)


[作品写真データ]
モデル: オオアカゲラ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:5.0
ISO:640
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

あおぞらにきざむりずむやふゆじたく
冬支度しなきゃなぁ・・・・
ってか、既にヒートテックのアンダーウェアを着始めてるし。
そう言えばファンヒーターも使い始めちゃってるし。

オオアカゲラ (1 - 1)-2
 
家の中の狭いところとか、覗き込んで掃除しなきゃなぁ・・・とか。
何はともあれ断捨離だよなぁ・・・とか。
冬支度というより、とにかく色々片付けなければ物理的なスペースに問題ありだ(笑)

オオアカゲラ (1 - 1)-3
 
人間は物を持っているってのが、そもそもの間違いのような気もする。
野鳥なんて身軽なもんだし(笑)
この身一つで生き抜く覚悟を・・・・なんてね。

オオアカゲラ (1 - 1)-4
 
たまには、オオアカゲラのバックショットも載せておこう(笑)
これだけ、頻繁にオオアカゲラにお目に掛かると。
全くと言って良いくらい感動が無い。
いかんなぁ・・・感動を直ぐに無くすタイプかな?>自分


[作品写真データ]
モデル:オオアカゲラ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/320
F値:7.1
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

きつつきやこっそりたぶるのこりもの
何度も書いているけど。
啄木鳥(キツツキ)という鳥はいない。
一般的なのは、コゲラアオゲラアカゲラあたりだろうか。
俳句の中ではそこまで区別化する必要は無いらしい。
そして、この写真はオオアカゲラ

オオアカゲラ (1 - 1)

あまり見る事が出来ない鳥の一つなのでバーダーには人気者。
幸いな事に自分は結構オオアカゲラには会えているのでそれほど驚かない。
というか、だんだん有り難みが無くなってきた(笑)

オオアカゲラ (1 - 1)-2

 贅沢といえば贅沢な話しなんだろうなぁ・・・
普通にオオアカゲラを目撃出来るってのは。
春先に営巣していた頃はもの凄く大勢のバーダーが来ていたっけ。

オオアカゲラ (1 - 1)-4
 
写真に写っているオオアカゲラがその時の親なのか生まれた子供の方なのか?
残念ながら識別する力が自分には無い。
秋の背景で写すオオアカゲラもなかなか綺麗だなぁ・・・ってくらい。

「食ぶる」ってのは、これで当たってるのか?(笑)




[作品写真データ]
モデル:オオアカゲラ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/40
F値:7.1
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。   

このページのトップヘ