こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > コルリ

せいりょうにみがきをかけるごがつかな
コルリが今年は多いような気がする。
歩いていると結構な個体数を確認出来る。
面白いのは若干年齢が違うせいか、綺麗な個体とそうで無いのがいること。
人間でもなんでも同じだなぁ・・・と(笑)


05 コルリ (1 - 1)

せっかくなので囀っている姿を写そうと考える。
連写しているので、後は選ぶだけなんだけど。
そうすると、みんな同じ絵になってくるし(笑)
あとは背景だけか・・・


05 コルリ (1 - 1)-2


遠いなぁ・・↑ これじゃなんだか判らない。
結局どこまで寄れるのかって事になるのかな。
或いはレンズの性能を高めて望遠効果で凌ぐか。


05 コルリ (1 - 1)-4

もうしばらく、コルリの追っかけは続くのであった。
もっと近くで解像度の高い絵を手に入れたい。
そのために必要なのリソースはなんでしょ?


[作品写真データ]
モデル: コルリ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1250
F値:6.3
ISO:1000
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

とうぼくのすきまするりとこるりなく


今年は5月5日が立夏なので、本日より夏の季語に変更。
ここのところ暑い日が続いていたので、春の季語で作句するのに若干無理があった。
ようやく、感覚と季語が一致してきた感じもする。
コルリも俳句の世界では夏の季語。

03 コルリ (1 - 1)-3

今シーズンのコルリの初撮りはこれ ↑ なんだけど。
声だけがずっとしていて、なかなか姿を見ることが出来ずにいた。
あっと思った時にはこの絵だった。
これじゃ、完全に証拠写真レベル。
なにより顔が写ってないし(泣)

03 コルリ (1 - 1)-4

その後ほどなくしてソングポストに起つ。
ヨッシャーって感じでした(笑)
良い感じに抜けていて光もまずまず。
後はフォーカスを合わせるだけ。
この瞬間が一番緊張したりする。
何度も撮してるものなら、どうって事無いけど。
今年初のクリーンショットだから若干焦る。
動かないでくれ~フォーカス合ってくれ~
って感じ(笑)

03 コルリ (1 - 1)-6

ここから連写連写。
まぁとにかく、カメラとレンズを換えたお陰で去年とは比較にならない絵になる。
やっぱり単焦点レンズは綺麗だよな。
高いだけの事はある。
鳥撮りに関しては腕じゃ無くて機材が全てであるような(笑)


[作品写真データ]
モデル: コルリ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1000
F値:5.6
ISO:500
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。 

あこがれをひとみにうつすはくしょかな
今の時期、多くのバーダーが憧れているのがコルリ。
作品のコルリは高い位置にいるけど。
これもこの時期だけらしい。
基本的には藪の中が定位置。

コルリ (1 - 1)-2
 
オオルリと違ってのど元から真っ白なのが特徴かな。
天気が良くて光がたっぷりだと、この青がホントに綺麗に光る。
オオルリやルリビタキとはチョット違うかな。
やっぱりコルリが一番夏っぽいような。

コルリ (1 - 1)
 
去年コルリに出会ったのはホント偶然だった。
いきなり足元に登場して大きな声で鳴いたっけ。
その時は、別にコルリに会いたくてコルリに会ったわけでなくて、歩いてたら向こうから来たって感じ。
今年は、コルリに会いたい一心で何時間もその場で待っていたりする。
それでも自分は結構コルリに会うことが出来ているけど。
遠方からやってきて、結局一度も会えずに帰る人達も多い。


[作品自解]
自分の憧れの鳥を見ることが出来た歓びを詠った一句。
コルリの登場はこの薄暑という季語の時期とピッタリ一致する。
写真が合わされる事によって、「瞳」が人間の瞳なのかコルリの瞳なのかと広がりが出る。


[作品写真データ]
モデル:コルリ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/250
F値:6.3
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
EXテレコン トリミングあり
Lightroom CC2015 for Mac






 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

ほんぶりのけはいただよいこるりなく
花鳥風月というくらい、「鳥」は季節を運んでくる。
「フォト×俳句」という表現の中で、写真と俳句と両方にそのものズバリを入れる。
これはこれで良いのかなとも思う。
鳥に関しては一つは必ず作っておこうかなとも。

コルリ (1 - 1)

季語を「小瑠璃」とした時に。
季語が動くとか動かないとかあるだろうけど。
多分、ほとんど動く(笑)
今日のこの句は実景だけど、この時に鳴いていたのはコルリだけじゃない。
キビタキ・ウグイス・アカハラ・ミソサザイ・キバシリ・シジュウカラ・ツツドリ・カケス・・・・etc
下五を「カケス鳴く」とかしても全く問題なかったりして(笑)

コルリ (1 - 1)-3
 
カケスには悪いけど。
コルリとでは随分と趣が変わるのである。
十七音の中に「コルリ」と入った時に出来上がる映像があるわけで。
つまりそれは、カケスとコルリでは動きが全く違うし、その違いが判った上で鑑賞することになる。

コルリ (1 - 1)-6
 
そうなると、俳句を鑑賞するって凄い事だな(笑)
バーダー並の或いはそれ以上の知識が必要って事か?
・・・と、ここまで書いてきて思ったけど。
季語ってつまりそういう事なんだよな。と。

コルリ (1 - 1)-7
 
コルリの形とか色とかもあるけど。
それが、どういう所に生息していて、どういう生態なのか。
鳴き声はどんななのか。
ここ一週間自分が見て・聞いて・感じたことを「小瑠璃」という季語の中に埋め込んでしまうと言う事。
なるほど~
と、自分で書いて自分で納得(笑)

コルリ (1 - 1)-8
 
去年はどうしても撮れなかった鳴いているコルリ ↑ 。
これがまた見事な美声なんだよね。
人を集めるのには理由があるね。


[作品自解]
霧雨から、少し雨脚が強まったと思ったら陽が差してきたり。
かなり不安定な天気の中での鳥見。
雨具を着込んでどうしようかと相談していたら小瑠璃が登場(笑)

[作品写真データ]
モデル:小瑠璃
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:6.3
ISO:4000
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
ノートリ
Lightroom CC2015 for Mac

なんか設定を間違えていたのか、ISOが4000という写真。
雨が降ったり止んだりで陽射しも無かったから仕方無いのだけど。
モニターで見る分にはそれほど破綻した画像でも無さそう。
ただ、お腹の白い羽がイマイチ塗り絵的になっている。




にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

コルリ (1 - 1)

コルリ 夏の季語(三夏)
季語ってのは歳時記によって随分違うんだけど。
このコルリに関して言えば。
「講談社 日本大歳時記」では見出し季語として掲載。
「角川 俳句歳時記」では「大瑠璃」の傍題として掲載。
「小学館 日本の歳時記」では掲載無し。
と、結構な差があるものである。

コルリ (1 - 1)-3
 
この鳥を俳句の季語として詠もうと思った時。
どうすんだろう?(笑)
というか、ここ半年くらい鳥見を続けて来て思うのは、本当に鳥って季節を告げる生き物だと言う事だ。
吟行に出かけてたまたまコルリを見かけたとして。
それを十七音に表す。
それはその人にとっての事実って事なんだろうな。
だからこを価値があるのかな。

★歯朶くらし小瑠璃のこゑのまろびくる★水原秋櫻子

さすがだなぁ・・・などと妙に感心しちゃったりして。
水原秋櫻子ってバーダーか?(笑)
鳥を題材にした俳句を創ったとき読み手にバーダーがいるとやっかいかもな。
適当な十七音だと突っ込みが入りそう。
まぁ、鳥だけに言える事でも無いだろうけど。
なんか、また少し俳句の理解が深まった気がしてきた。

コルリ (1 - 1)-2
 
それにしても、コルリって割と人を警戒しないようである。
今回の写真なんかは、その距離1メートル位かな?
オオルリだとそういうわけには行かない。
などという情報も句作には関わってくるのかな?(笑)

ともかく、オオルリやコルリって青と白のコントラストがメチャメチャ綺麗。
そして、その身体からは想像つかない大きな澄んだ鳴き声。
好きな夏鳥の一つである。

 

このページのトップヘ