こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > イカル

きぶくれてねごぜのままのたいしょくかん
8月に交通事故にあってから運動もままならず。
それまで、山走子の俳号にあるように山を駆け巡るトレイルランニングなどをしていたのだが。
とてもとても山を走るなんて状態には戻れず。
あれよあれよと体重が増えて年末を迎えようとしている。

イカル (1 - 1)-4
 
昨日久しぶりにジムに行ってランニングマシーンに乗ってみたものの。
走ろうという気になれず、とりあえず歩いてみたりして。
体重は事故の時から5㎏増。
もともと、俳句は病気になっても病院のベッドでも出来るし。
正岡子規だってそうだったし・・・・なんて理由で始めてたりもするわけで(笑)

イカル (1 - 1)
 
などと・・・ぐちぐち語る材料に使うなよとイカルに文句言われそう(笑)
イカル、シメ、ウソのこのフォルム。
なんとも独特だったりする。
で、なんか食べている時に口の周りが汚れるというかなんというか・・・・
可愛いだけどね。
「大食漢」というよりは「食いしん坊」って感じの方が強いかな?

イカル (1 - 1)-3

目の周りが黒い鳥のキャッチアイを撮るのがとても難しい。
この ↑ は、どうにか角度を工夫して取れた1枚。
まんまるの目と黄色いクチバシ・・・
ん?ここまで書いてきて、これってキョロちゃんか?


[作品写真データ]
モデル: イカル
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+MC-14 
シャッター速度:1/400
F値:10
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り 
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。     
 

じょしゅせきにおちばをひとつつれかえる
イカルは俳句の世界では夏の季語。
う~む、夏にイカルを目にすることはほとんど無いような・・・
なかなか鳥の名前と季語が覚えられ無い。
自分の実感と一致しないのがその原因だと判ってはいるのだけど。
こうして、ここに一々書きながら覚える努力だけは怠らないようにしなきゃ(笑)

イカル (1 - 1)
 
天気予報では晴れなんだけど、なかなかスカッと晴れてはくれない。
曇天バックでは絵にならないな~と思っていたら。
下に下りてくれるという大サービス(笑)

イカル (1 - 1)-2
 
なんだかんだ言っても空抜け(空が背景)の写真は実はイマイチだからなぁ。
落葉が背景なら何となく初冬って感じが出るもんだ。
イカルの羽の青い色も綺麗に写って満足。

イカル (9 - 9)
 
本にはイカルの群れの中にコイカルが混じると書かれているけど。
残念ながら一度もそれに遭遇したことは無い。
コイカルを見られる日はやってくるのだろうか?
そして、その時に慌てずシャッターを押すことが出来るのだろうか?(笑)


[作品写真データ]
モデル:イカル
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+MC-14 
シャッター速度:1/100
F値:5.6
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。   

こはるびやみようみまねのぽうじんぐ
ポートレート写真に関してはカメラの設定云々もあるのだが。
被写体とのコミュニケーションが一番大事。
そしてモデルのポージングもやはりかかせないような。


美人な「しぐさ」
中井 信之
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2016-06-23

 

参考書として、こんな ↑ のを読んでたりするんだけど。
あ~なるほどねぇ・・・って感じ。
あちこちで書かれていたりいわれていたりする事ではあるけど。
特に女性を撮す場合は曲線だよな~(笑)

イカル (1 - 1)-2


こんな感じ ↑ で、直立不動じゃぁねぇ・・・
いくら容姿端麗と言えどもイマイチ絵にならない。
まぁ考えてみれば鳥の写真だって同じではあるけど(笑)


[作品写真データ]
モデル:イカル
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+MC-14 
シャッター速度:1/1250
F値:5.6
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。      

にはいめはかんせつきすやことりくる
イカル。
イカルは斑鳩と書いて夏の季語。
「小鳥来る」の小鳥の中には含まれて無かったかな?(笑)
なんか、イカルが移動してくると嬉しくなる。
あの独特の鳴き声を聞いていると幸せになれるのは自分だけ?

イカル (1 - 1)
 
ちょっと、黄昏れているイカル ↑ の絵(笑)
イカルを写真に写すのは結構難しかったりするのである。
なんせ目の周りが黒いので目に光を入れにくい。
キャッチアイが作れないって事。
さすがにレフ板とか使えないし(笑)

イカル (1 - 1)-2

露出補正をかければ良いというわけでも無い。
もう少し低い場所に停まってくれれば何とか角度がついていけるかもなんだけど・・・
モデルさんはカメラマンの都合は一切関係なしだしなぁ。

イカル (1 - 1)-3
 
こんなのが取りあえず精一杯かな。
もう少しじっとしていてくれるとありがたいんだけどね。
鳥撮りはやっぱりオートフォーカスの速度が最優先かなぁ・・・?
画質云々よりとにかく一旦証拠写真みたいなところがあるな。
イカルくらいだったら頻繁に見る事が出来るから諦めもつくけどね。
もっとレアな鳥に出会った時はピント合わせに焦りまくりだろうな(笑)



[作品写真データ]
モデル:イカル
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/400
F値:6.3
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:シャッター優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

めのおくのひかるいのちやはるちかし
イカル 俳句では夏の季語

★いかる来て起きよ佳き日ぞと鳴きにける★水原秋櫻子

季語が動くとか、季語を効かすとかいうけど。
鳥の季語ってどうなのよ?
だいたい普通の人はそれほど鳥に馴染んでないだろうし。
急に「イカル」 って言われてわかる人がどれだけいるのやら?

イカル (1 - 1)-2

イカルもミヤマホオジロなんかと同じで目の周りが黒いので光を入れるのが大変。
かなりの枚数を撮る事になる。
まぁ、こっちの方がサイズが大きいからまだ楽かな。

などと言ってたら3羽まとめてキャッチアイを作れた(笑)

イカル (1 - 1)-3
 
あまり雪が無い地方の人達にすれば鳥と雪のコラボ写真は貴重らしい。
そりゃそうだろうな。
ちょっと雪景色になるだけど普通の鳥も絵になっちゃうし(笑)



[俳句自解]
イカルの目に光を入れるのが難しいので。
それを詠んだ俳句。
本人以外には分からないだろうな・・・


[作品写真データ]
カメラ:Panasonic DMC-FZ1000
シャッター速度:1/4000
F値:4.0
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
Lightroom CC2015 for Mac 


 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ