こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > エナガ

めをとじたままうごきだすはるのまい
シャッター速度優先で撮影している時に光が不足すると真っ暗な絵になる。
これ ↑ も実は真っ黒な絵だったんだけど、Lightroomで現像してここまでに。
ちなみに元の絵はこちら ↓ なんだけど。

05 エナガ (1 - 1)-5

この ↑ 状態から露出等々を補正かけて若干トリミングして完成させたのが最初のもの。
白飛びは戻せないけど、アンダーはある程度まで復元可能。
RAWで撮影しておくことが前提だけど。
まぁ、このくらいの変化が作れれば価値はあるかなと。

05 エナガ (1 - 1)-2

当然こちら ↑ も同じような処理をしているわけで。
ちなみにISOは上限を1000にしている。
これも迷うところで、もっと上げて撮影するのとどっちが良いのやら?
APSCとかフルサイズのカメラだともう少し常用ISOが上げられると聞く。

05 エナガ (1 - 1)-4

こういう ↑ 写真もシャッター速度優先でないと撮れない写真。
で、上で書いた悩みが当然出てくる。
もう少し解像して立体感のある絵にしたいけど。
無い物ねだりかな(笑)



[作品写真データ]
モデル: エナガ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II 
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/2500
F値:4.0
露出補正:+3/10
ISO:1000
WB:オート
露出プログラム:シャッター優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

みえをきるそのしゅんかんにふゆおわる
激しく動き回るエナガを必死で連写していると。
時々、こんな ↑ 感じの絵が手に入る。
これはOLYMPUSのプロキャプチャーという機能を使っての撮影。
エナガの撮影に向いているとも思えないけど、たまたまうまく行ったって感じ。

01 エナガ (1 - 1)-3

天使の羽 ↑ だな・・・綺麗だこと。
エナガを写すのに秘策は特に無く。
ひたすら連写すること(笑)
あとは、1羽に決めて絞ることかな。
目移りし始めると、1羽も撮れずに終わる。

01 エナガ (1 - 1)

背景は気にするようになってきたのと。
目の高さで撮れるようなシチュエーションを作ること。
見上げているよりは、可能な限り目線が望ましいかと。

さてさて・・・マジで春は近いぞ。



[作品写真データ]
モデル: エナガ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II 
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/3200
F値:4.0
露出補正:ゼロ
ISO:1000
WB:オート
露出プログラム:シャッター優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

31 エナガ (1 - 1)-2
俳句を始めて最初の頃に、とにかく俳号というものを決めなさい。
そんな事を言われた気がして。
考えて考えて出来上がったのが「山走子(さんそうし)」という俳号。
あれから3年以上経って、色々状況も変わってきて。
良い機会だから俳号を変えようかなと思い立つ。

31 エナガ (1 - 1)

「鳥見山歩人」と書いて「とりみさんぽびと」と読ませる。
もう多分、トレイルランニングのレースに出て走る事も無いだろうし。
山を走るってのはプライベートでも無いだろな・・・と。

とは言え、山は歩き回っているから(笑)
「散歩」じゃなくて「山歩」だよなぁ・・・

って感じで、今日から鳥見山歩人となりました。
みなさま宜しくお願いします。


[作品写真データ]
モデル:エナガ
カメラ:Panasonic DMC-FZ1000
レンズ: 
シャッター速度:1/250
F値:4.0
露出補正:ゼロ
ISO:160
WB:オート
露出プログラム:シャッター優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


この写真は2015年にコンデジで撮ったエナガだけど。
いまだに、この写真を越えるものが無い。
ってか、とっても気に入っている写真なので。
ここから再スタート。

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

ふくざつなすてっぷきめるふゆぬくし
もちろん、ハイチュウとかクマタカとかの猛禽類はカッコいいけど。
なんだかんだ言ってもエナガの可愛さには敵わないかも(笑)
どこにでもいると言えばどこにでもいるし。
いつでもいると言えばいつでもいるエナガ。
とは言え、ちゃんと撮すのはなかなか難易度が高い。

17-12-14 エナガ (1 - 1)-2

そもそも群れで飛んでくるので。
どの個体を撮そうか一瞬迷いがでるんだよね。
そうこうしているうちにどれも撮れずに終わる・・・
二兎追うものは一兎をも得ずの典型パターン。

それと、見えている個体にどれだけ早くレンズをセット出来るか。
ここは運動神経の問題なのか、訓練なのか。
繰り返し行う基本練習。
野球とか卓球の素振りみたいなものかもな。
対象が可愛いエナガちゃんなので何度でも基本練習は行える(笑)


[作品写真データ]
モデル:エナガ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1250
F値:4.0
露出補正:-7/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

やまねむるたどりついたらさくにかぎ
エナガチャレンジ。
時々混群で登場するエナガ。
とにかくエナガが登場したら必死でレンズを向けてシャッターを押す。

26 エナガ (1 - 1)-2

多くの場合は、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、コゲラの4種混合だな。
中でエナガが一番可愛くて一番撮影の難易度が高い。
なので、いつまで経っても飽きずに撮影に臨める(笑)


26 エナガ (1 - 1)-3

撮れた写真を見ていると、あ~可愛いって思うわけで。
これが自分で撮るとなるとホント大変なんだから(笑)
多くの人に一度チャレンジしてもらいたいところではある。


26 エナガ (1 - 1)-4

そろそろ、エナガも止まりものではなく、飛翔を撮ろうかと。
さらにハードルを上げたりして。
とにかく、毎度毎度が訓練というか鍛錬というか修行だな。


[作品写真データ]
モデル: エナガ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/3200
F値:4.0
ISO:1250
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

シャッター速度1/3200とかだと、被写体ブレは防げるな(笑)

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ