こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > カケス

カケス (1 - 1)

カケスという鳥はとても警戒心が強いのでなかなか姿を写せない。
だいたい、羽ばたきもしないでグライダーのように飛び交う。
忍者のようだと思うのは羽ばたき音が聞こえないからか。

しかし、ついにこちらの方が高い位置からの撮影に成功。
で、頭頂部が見えた。
なんでもこの頭頂部は冠羽なので立つらしい。

とにかくカケスの撮影に成功して嬉しいのである(笑)
とはいえ世の中的には花見でカケスはこの公園で撮ったもの。
桜の写真もたまにはアップしておきましょう。

臥竜公園 (1 - 1)

近所の公園なので子供の頃から遊んでいた場所。
今が花見のピークかな。

臥竜公園 (1 - 1)-3

日本の桜百選に選ばれていたと思うのだけど。
確かに見応えはあるな。

臥竜公園 (1 - 1)-2
 
この位置 ↑ 撮影するのがベストだと思うのだが。
どうでしょうね。

臥竜公園 (1 - 1)-4
 
やっぱり池に映る桜ってのが特徴なんだと思う。
去年まで全く気がつかなかったのだが、この公園に結構鳥がいるのですよ(笑)
去年までは毎朝ジョギングしてたんだけど、全然鳥に意識が行かなかった。
人間の感覚なんてあてにならないものだ。

 

カケス (1 - 1)-4

カケス 秋の季語
近所の公園にカケスがいることは判っているので。
カケスの頭を撮ろうと出かける。
どうやら頭のてっぺんはゴマシオ模様らしい。

ところが高い枝に止まっているんで見えない。
お〜い! と呼ぶとギロッと睨まれた。

カケス (1 - 1)


カケスはカラスの仲間という事で凄い鳴き声である。
例えるならば昨晩カラオケし過ぎたカラスって感じ。
そして、忍者のように林の中を駆け抜けて行くのである。

カケス (1 - 1)-3

よくあれで何かにぶつからないものだと感心してしまう。
しかもこの公園には群れでいるようで近づくと音も無く一斉に移動を開始する。
昔みた忍者の漫画を彷彿させる動きなのである。

結局、全身を綺麗に撮す事が出来ずに終了なのであった。

カケス (1 - 1)-2

下からじゃなくて、上から撮りたかったのに。
ついにそれは叶わなかった。
次の宿題としよう。









カケス 秋の季語
なんで秋なのかというと、人里近くでも見かけるからだとか(笑)
これも結構人里近いところで写している。



ちょっとボケボケなのだけど。
とにかく、この時が初見だったので必死で写す。
鳥の写真は毎回これの繰り返しだ(笑)


 
ちょっと小さいだろうが、ボケていようが。
逃げられる前に取りあえず、それだと判る程度に写す。
証拠写真だな。
そのうち一巡したらもう少し狙って綺麗な写真になるだろう。


 
それにしても、このカケスの声は凄い。
カラオケで歌いすぎた翌日のカラスって感じ(笑)
最初はあの声の主は誰なんだろう?って興味津々だった。
しかも、カケスは他の鳥の物まねをするらしい。

面白い鳥だ。


 

近所の公園に集団で現れた。
忍者のように移動するのが見ていて凄い(笑)
よく枝にぶつからないものだと感心してしまうのであった。

 

このページのトップヘ