こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > コガラ

8-16 コガラ (1 - 1)

タイトルを「コガラ」としたのだけど。
この子がコガラであるという自信はイマイチない(笑)

コガラ?ヒガラ?シジュウカラの子供?
可能性としては三択なのだが。

8-16 コガラ (1 - 1)-5
 
図鑑の説明だと。
コガラは胸に蝶ネクタイ
ヒガラは胸によだれかけ
で、シジュウカラは胸にネクタイなんだけどヒナだとモフモフしてるかも?

8-16 コガラ (1 - 1)-4
 
まぁいずれにても、この子達は実はとっても小さい鳥なのである。
図鑑によれば。
コガラ 13㎝
ヒガラ 11㎝
と、なっている。

そして動きがやたら速い。
鳥は小さくなればなるほど、チョコマカと動く傾向がある。


8-16 コガラ (1 - 1)-3
 
補食され易いから動き回っている必要があるんだろうな。
この時はやけに近くまで出て来てくれたので綺麗に写せている。
曇り空でどんよりとしていて光があまり無かったのでこれは善戦しているのである(笑)

8-16 コガラ (1 - 1)-2
 
ガラ類はいるときはまとまってやってくる。
賑やかでよろしい。
いない時は全く姿をみせず、いったいどこにいるのやら。
だいたい草の影に隠れている。
というか、地面に近いところにいるのだ。

鳥が枝の上にいると思ったら大間違いで寧ろ地面に近い草むらに暮らす方が多いのでは無いかと思う今日この頃である。

 

コガラ (1 - 1)

「コガラ」 歳時記に掲載は無い。

てっきり「エナガ」だとばかり思って撮影。
撮影後も特に気にしてなかった。

・・・が、待てよ?
エナガって目の周り白かったような・・・

鳥の見わけって結構大変。
で、じっくり図鑑を眺めながら自分で判定した結果。
この子は「コガラ」と判断しました(笑)

初見です。


 

このページのトップヘ