こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > イスカ

としのせやえらぶことしのべすとてん
今年撮影した写真で削除せずに保存されているのが約1万4千枚。
多分その8割は野鳥写真のはず。
その中から10枚を選べと言ったら大変だろうなぁ・・

11 イスカ (1 - 1)-7

珍鳥を大きく鮮明にドーンって感じに撮したもの。
まぁ、基本的に日の丸構図でとにかくどれだけ鮮明に写せるかみたいな感じなんだけど。
果たしてそれはどうなんだろう?
野鳥図鑑みたいな写真が圧倒的に多い事は間違い無いわけで。
そろそろ、そこを卒業しようかなとも思い始めて。

15 イスカ (1 - 1)

鳥のいる風景みたいな写真にも魅力を感じるわけで。
まぁそうは言っても小鳥は小さいからそれを絵として成立させようとすると色々大変。
「フォト×俳句」ではあるけれど。
野鳥写真のクオリティは高いにこしたことは無い。
まぁ、何をもってクオリティが高いのかって話にもなるけど。

15 イスカ (1 - 1)-2

写真の中に物語が内包されているものが良いんだろうな。
撮っている自分が作るストーリーでも良いけど。
それを見た人の頭の中に想起されるストーリーが幾通りにもなる作品。
そして、それとコラボする俳句。
なんて出来たら最高だろうなぁ・・・

イスカとか珍しい部類のものより、エナガとかモズとかの普通に見られる鳥の方が。
ひょっとしたら、そういうものに向いているかも知れない。


[作品写真データ]
モデル:イスカ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:4.0
露出補正:+1 7/10
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

かみあわせとかかんがえるしわすかな
駄句だなぁ・・・・グダグダの駄句だな。
なんというか、花鳥諷詠とはほど遠い。
俳句は難しいなぁ。
折角の良い写真なんだけどねぇ・・・

11 イスカ (1 - 1)-4

白樺背景に撮ろうか・・・
それとも、白樺を背景から消そうか・・・
そんな事をじっくり考える余裕は無い。
これがポートレートだったらもう少し違うんだろうけど(笑)

11 イスカ (1 - 1)-5

この場所にこんな格好で立って、目線はこちらに・・・
なんて指示の出来るポートレートとは随分わけが違うよね。
枝かぶりは枝被りだったりするし(笑)
う~む・・・
だから俳句も写真も続けられるんだろうけどね。


[作品写真データ]
モデル:イスカ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/320
F値:4.0
露出補正:+7/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

かみあわぬままのかんけいふゆふかし
「交喙の嘴(いすかのはし)」という諺がある。
ものごとが食い違って思うようにならないことのたとえ。
日常会話では多分出てくる事は無いだろうなぁ・・
そもそも、この諺を知っている人がどれほどいるのやら(笑)

11 イスカ (1 - 1)

イスカのクチバシってこの写真 ↑ を見ると解るように。
噛み合って無い。
非常に珍しい形状なんだけど。
松ぼっくりが食べやすいような形状だと聞いたけど。
結局食べるために、身体がどんどん進化し続けるわけで。

11 イスカ (1 - 1)-2

本人達にとって、このクチバシは邪魔にはならないのだろうか?
なんか、引っかかりやすいようにも思えるし。
楊枝でシーハーはしなだろうし(笑)

噛み合わないのは人間関係でもあるよねぇ・・・
生理的に合わないのか、論理的に合わないのか・・
とにかくどこまで行っても噛み合わないままの会話とか・・・
疲れるは~
という一句。


[作品写真データ]
モデル: イスカ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:4.0
露出補正:ゼロ
ISO:500
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

としのせのあんぜんかくほみまもりたい
イスカの群れが移動するときに、必ずと言って良いほど先発隊が2羽くらいで飛ぶ。
で、多分なんだけど安全確保出来たときに仲間を呼んでいるような。
その後で松の頂上あたりでずっと見張り役をしているのもいる。
・・・・ただ・・・・何となくその役割はオスでは無くてメスのような。


29 イスカ (1 - 1)-2

イスカの写真の数多くなってくると、止まりものではなく、飛びモノが欲しくくなる。
出来れば、下方に落ちるようなものでなく上方に浮き上がるような。
そういう意味では、これ ↑ なんか最高のカットなんだけど。
と~っても惜しい事に背景の空が曇天。
これが冬青空だったら言う事無いんだけど。


29 イスカ (1 - 1)-3

もう一つは、遠いというか高いのでサイズが出ない。
そして、これを狙い続けていると首が痛くなってくるという現実。
まぁあまり贅沢は言ってられないけどね。
1000㎜超のレンズが欲しいなぁ・・・出来れば手持ち出来るもの。
いつもいつでも無い物ねだりだ。


29 イスカ (1 - 1)-4

雰囲気は十分に出てはいるんだけど。
画質がなぁ・・・
彼方立てれば此方が立たぬが写真の世界だな。
そして、隣の芝生は青い・・・常に青い(笑)
カメラを換えれば良くなるって話でも無いだろうけど。



[作品写真データ]
モデル: イスカ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
シャッター速度:1/250
F値:5.6
露出補正:+1 7/10
ISO:640
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

久しぶりにテレコンを使ってみた。
曇天の割にはまぁまぁのような気もするのだが・・・どうだろう?


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

たいやきのさいずきにするでしのこえ
この背景のイスカは撮影超困難を極めた。
枝が多いし高いので首は痛くなってくるし。
とりあえず、近くにある木によりかかっての撮影。
手持ちだから、何でも使えるものは使うというスタンス。

20 イスカ (1 - 1)-4

これ ↑ なんか、イスカにピントが合っているのかいないのか?
非常に難しいショット。
メインで使っているE-M1Ⅱになくて、GX8にある機能の一つがピンポイントフォーカス。
E-M1Ⅱのファームアップで是非搭載して欲しい機能だな。
枝と枝の間を抜いてフォーカスを合わせる。

20 イスカ (1 - 1)-5

イスカもオスとメスでは色合いが全然違う。
左上にいる赤い方がオスで右下で飛んでいるのがメス。
ついついオスを撮りたがるけど、メスはメスでなかなか綺麗な色かとも思う。


鯛焼きを持ってきてくれるような撮影助手がいたら良いなぁ・・・
という、一句(笑)


[作品写真データ]
モデル: イスカ
カメラ: Panasonic DMC-GX8
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/640
F値:4.5
露出補正:+1
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2017 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。



このページのトップヘ