こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > ミヤマホオジロ

いつもよりむねふくらませはつしゃしん
この際、俳句は置いといて(笑)
ミヤマホオジロのメスです。
寒さのせいだと思うけど膨らんでますね。
小鳥の特徴の一つかな、この姿もなんともいえず可愛い。

03 ミヤマホオジロ (1 - 1)-2

小鳥との距離をどうやって詰めるか、そして保つか。
とっても難しいところなんだけど。
やっぱり一人で撮っている時は、割と遠慮無く近づきます。
「こんにちは~」とか「綺麗に撮るからね~」とか言いながら(笑)

03 ミヤマホオジロ (1 - 1)-3

なんか表情が出るくらいの距離で写真を撮りたいと常に思っていて。
この時なんかも、こちらに気が付いていながらしばらくは撮らせてくれた。
こういう時はほぼポートレート写真を撮っているような気分になる。
ポージングを要求したりして・・・
でもその瞬間に逃げられてしまったり(笑)



[作品写真データ]
モデル:ミヤマホオジロのメス
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:5.6
露出補正:ゼロ
ISO:320
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

まつのうちこれがひとつのかんせいけい
今年見るミヤマホオジロは随分と黄色の発色が良いような。
個体差がもちろんあると思うけど。
これ ↑ なんて、ホント綺麗な個体かと。
しかもまったく枝被りしてないし。
さらに雪絡みだし。
止まりモノとしてはこれ以上は難しいんじゃないかなぁ?

04 ミヤマホオジロ (1 - 1)-4

あとは、こういう ↑ 動きがあるようなカット。
とはいえ、目が写っていないカットはそれ1枚では成り立たないだろうねぇ。
これ距離で5メートル程度のところで撮っているんだけど。
群れの中に1羽くらいはこうして撮らせてくれる個体がいる。

04 ミヤマホオジロ (1 - 1)-2

これ ↑ なんかだと躍動感があって更に良いのか?
この時は、下の雪の中から飛び上がってきたような感じだったんだよね。
なので水浴びのあとのような羽の感じ。
まぁ見ていて飽きないし、今年はミヤマホオジロはたくさんいるから嬉しい。

手元の図鑑には「憧れの冬鳥」って紹介されてたりするけど。
なんだかスズメ並みに個体数が多いような(笑)



[作品写真データ]
モデル:ミヤマホオジロ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/200
F値:5.6
露出補正:+7/10
ISO:1000
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

ゆるやかなさかのとちゅうではつしゃしん
俳句の世界では季語があって、春夏秋冬の他に「新年」というくくりがある。
元旦が新年の季語になるんだけど。
それがいつまでかは判らない(笑)
毎年これに関しては疑問を持つところ。

31 ミヤマホオジロ (1 - 1)-2

新年の季語はなんでも「初」がついていれば新年の季語になるような(笑)
まぁ、とにかく新しいとか初とかが目出度いって事だろうな。
なので、ザックリと使ってみる。

31 ミヤマホオジロ (1 - 1)-3

新しい年に何をしようか。
どんな目標を持つのが良いのか。
一月二日って、そういう事を色々考える日であったような。
さてさて・・・



[作品写真データ]
モデル:ミヤマホオジロ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:5.6
露出補正:ゼロ
ISO:1000
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

かみがたをかえてむかえるとうじかな
文語+歴史的仮名遣いが俳句の表記としては望ましい・・・らしい(笑)
ところがですねぇ、これが意外と大変。
何時まで経っても覚えられない。
今日のこの作品「かみがたをかえてむかえるとうじかな」
と、読ませたいんだけど。

「変へる」で正解なのか?
「迎へる」で正解なのか?さらに、「迎ふる」が正解なのでは?
と、次々と疑問が出てくる。
まぁ、疑問が出てくるだけマシなのかも知れないけど(笑)
違ってたら、気が付いた方教えてね。

20 ミヤマホオジロ (1 - 1)

そして、この鳥の方だけど。
一応「ミヤマホオジロ」のメスだと識別したけど。
ひょっとしてカシラダカ?とか思ったりもして(笑)
こっちも、誰か気が付いた方いたらご指摘お願いします。

迷ったり、悩んだりするのが勉強というか学習だろうな・・とも。
冬至だしなぁ・・
「一年で一番特別な日なんだよ」と、大切な人が教えてくれた。




[作品写真データ]
モデル:ミヤマホオジロ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14

シャッター速度:1/250
F値:5.6
露出補正:-7/10
ISO:500
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

ふゆふかしふいうちくらうきたしゃめん
雪がらみの野鳥の写真は雪国以外の人には随分とウケが良いようだ。
雪国に暮らしていると雪なんて邪魔なもの以外の何ものでも無いし。
降雪は紛れもない自然災害だという認識だったりもする(笑)

170122ミヤマホオジロ (1 - 1)
 
こういう風に ↑ 完全に雪とミヤマホオジロだけにトリミングしたりすると。
なんか妙に格好いい。
この写真はA3くらいに引き伸ばすとしっかりとキャッチアイが入っているので自分的にはクオリティが高いかなと自画自賛。
ミヤマホオジロには好かれているようで何枚も撮影させて貰った。

170122ミヤマホオジロ (1 - 1)-4

日当たりの良いところを好むのかなぁ・・・とも思える。
割と抜けの良い場所に立ってくれるのもミヤマホオジロの特徴かな。
場合によっては何羽かの群れで見られることもある。

170122ミヤマホオジロ (1 - 1)-2

これ ↑ は、兄弟かな?
なんだかずっと二羽で移動していた。
こちらに気がついていたのかどうか解らないけど、ずっと道案内というか・・・
こっちこっちってな感じで前を移動していた。


[作品写真データ]
モデル: ミヤマホオジロ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/400
F値:5.6
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

このページのトップヘ