こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > ミヤマホオジロ

さえずりをおいかけてやまめぐりけり


ミヤマホオジロ
バーダーの間では憧れの冬鳥という扱い。
俳句の世界ではホオジロの傍題で春の季語。

ミヤマホオジロ (1 - 1)-2

今年はラッキーな事に何度か遭遇出来ている。
しかも至近距離。
この鳥も目の周りが黒いので目玉にキャッチアイを入れて写すのが凄く大変。
今回はうまく撮れたのが多いから嬉しい。

ミヤマホオジロ (1 - 1)-4

都会のバーダーさん達にはミヤマホオジロってだけで凄いらしいけど。
そこに雪が加わると超あこがれとか。

さらに・・・・(笑)

ミヤマホオジロ (1 - 1)-6

 二羽でシンクロ~
どうよどうよ(笑)
田舎で暮らす人の豊かさ炸裂だ~
自宅から車で10分くらいの場所にこの鳥さんたちがいるのだ。


で・・・・さらにさらに。




今回は動画まで撮っちゃったりして。
久しぶりに動画を撮ったので、設定というか撮り方を忘れてる。
どうやってピントを合わせたっけ?みたいな(笑)


[作品自解]だんだん鳴き声を覚えてくると、その鳴き声を頼って山の中を巡るのですよ。
写真を撮るバーダーさんたちは大きく二つに分かれる。
一つは一箇所でじっとして目的の鳥が出てくるのを待つタイプ。
もう一つは機材を持ってあちこち動き回るタイプ。
自分は後者。
なので、あまり機材を大きくしたり重くしたりしたくないのである。



[作品写真データ]
カメラ:Panasonic DMC-FZ1000
シャッター速度:1/4000
F値:4.0
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
Lightroom CC2015 for Mac 



 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

しゅうまつのだいにすてーじむつのはな
「ミヤマホオジロ」 ホオジロの傍題で俳句では春の季語。
鳥の世界ではホオジロとミヤマホオジロでは有り難みがだいぶ違うような(笑)
ホオジロはどこに行ってもいるけどね。
この黄色と黒の凜々しいお顔はなかなか見る事が出来ないのではないでしょうか。

ミヤマホオジロ (1 - 1)-2

雪景色が似合う鳥だと思うんだけど。
まぁこの雪と鳥をセットで撮影するのは案外難しいのですよ。
露出が定まらないっていうか。

それ以上に目の周りが黒いこの手の鳥って、キャッチアイが作れない。
色々動いてみるのだけど、思うようにはいかないなぁ・・・
まぁ鳥の滞在時間も短いし動くから今回はこの程度なんですけど。

[俳句自解]
この時は正面ではルリビタキ狙いだったんですよ。
青いルリビタキが2羽とメスやらワカやらが数羽で賑やかなステージでした。
で、予期せぬというか左の端にミヤマホオジロが登場(笑)
サブステージなのか第二ステージなのか。

全然関係無いけど、70年代の中津川フォークジャンボリーでメインステージの岡林信康以上に人気があったのはサブステージの吉田拓郎で、この時の「人間なんて」も伝説になっている。




[作品写真データ]
カメラ:Panasonic DMC-FZ1000
シャッター速度:1/1600
F値:5.0
ISO:125
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
Lightroom CC2015 for Mac



にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

落葉時深山頬白という黄色
ホオジロという鳥は春の季語になっている。
傍題に「深山頬白」も載っているのでこれは季重なりの句。
鳥の場合は、しかしどうなんだろう?
バーダーで俳人って人がどれくらいいたのやら?

ミヤマホオジロ (1 - 1)-2
 

季重なりの句でも明らかにどちらかにウェイトがあれば、それはそれで成立すると書かれていたと思うけど。
要するに、その辺りは上級者になってからという扱いだったかな。

 「フォト×俳句」に仕上げたとき。
こんなのマンマだったりもするわけで(笑)
そうなると、かなり問題のある作品って事かしら?
しかもこれ、今気がついたけど下六じゃん(爆)

そうこう考えるとやっぱり結社というやつに入った方が良いのかしら?
「フォト×俳句」の結社なんて無いしね。
俳句の結社って、なんとなく堅苦しそうだし・・・

 

ミヤマホオジロ (1 - 1)

ミヤマホオジロ 頰白の傍題で春の季語

ホオジロはどこにでもいるけど。
ミヤマホオジロはレアかもと言われた。
とは言うものの、歩いていたら突然現れた。
しかも歩き始めてすぐ(笑)


 
突然現れるものだからカメラの設定が追いつかない。
シャッター速度優先にしておいたもんだからちょっと暗い。
やっぱり散歩しているときはiaオートか何かにしておいた方が失敗は無いかも。


 
この時も二羽いたんだけど。
ツーショットは写しきれず。
時間にして30秒くらいだったのかな。
あっという間にいなくなった。


 
とりあえず、ミヤマホオジロだと認識出来る程度の写真には仕上がった。
このカメラのAFは多分速い方だと思う。
他に比べるカメラといったらRICOHのGRしか無いから比べようも無いけど(笑)

ミヤマホオジロ (1 - 1)-2


人のブログを読んでいると。
Canonの7DⅡとか欲しいなぁ・・・とか。
せめてデジスコは買おうかな・・・とか。
思うけど。

手持ちで気楽に撮れている今の状況は、多分自分に一番合っているような気もする。
どうなんでしょ?

 

このページのトップヘ