こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > ルリビタキ

ひあしのぶとおまわりしておなじばしょ
ルリビタキも最初の頃は藪の中に入ったきりだったり、たまに姿を見せても一瞬だったり。
それが最近はだいぶ人に慣れてきたせいか、枝に止まっている時間が長くなってきた。
2秒くらい止まっていてくれればピントも合わせやすい。


15 ルリビタキ (1 - 1)-3

なので、今度はこちらも欲が出て来て、ただ撮れば良いってもんでも無いよなぁ・・
なんて会話が行き交い(笑)
出来れば雪バックが良いねぇ・・とか。

15 ルリビタキ (1 - 1)

こんなの ↑ 最初の頃だったら随分と歓んで撮ってたのに。
数が増えてくると喜びも半減したり。
つくづく贅沢というか身勝手というか・・

15 ルリビタキ (1 - 1)-4

一人だけで撮っていると、ほとんどノートリでこんな ↑ のが撮れたり。
やっぱり鳥撮りは一人が良いねぇ・・・なんて言いながら。
知り合いの方も、一人だったどこまでも寄れたよ、なんて喜んで写真を見せてくれたり。
大砲に三脚だと無理だろうけど、手持ち部隊はこういうの得意だもんね。

で・・・どうやら複数の個体がいるって結論になった。


[作品写真データ]
モデル: ルリビタキ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/500
F値:4.5
露出補正:+1
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このあじをばいぞうさせるゆきみかな
ルリビタキはヌルデの木に集まって来る。
なので、ルリビタキを探すのでは無くてヌルデの木を探す方が早い。
と言われて探したら、ホントにルリビタキが来た(笑)

11 ルリビタキ (1 - 1)-2

とは言え、結構あちこちにヌルデの木はあったりして・・・
どこで待ち伏せするのが良いのやら迷ってしまう。
良い運動であることだけは間違い無い(笑)

11 ルリビタキ (1 - 1)-3

仕事の前に1時間くらい散歩したり。
仕事の合間に30分くらい散歩したり。
まぁ、何となく時間を創ることは可能なわけで。

ますます「山歩人」になって行く。
この俳号は、なかなか的を得ているのでお気に入り(笑)



[作品写真データ]
モデル: ルリビタキのメス
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:5.6
露出補正:+7/10
ISO:320
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

あしあとはまだひとつだけゆきのあさ
鳥のいる景色。
この ↑ くらいの絵だと、まあまあイケてるような。
鳥そのものを大きく鮮明に撮したくなるのはやまやまだけど。
こんな感じで全体の中にそっと置くような絵を今年は撮ろうかと。

08 ルリビタキ (1 - 1)-3

バーダーで無ければ鳥の識別も出来ないだろうし。
そもそも、ルリビタキのメスなんて知らない人の方が多いだろうし。
地味ではあるけど、雪景色の中にいれると、なんとも言えない雰囲気になる。
見た人の脳を刺激させるのは大事だよなぁ・・・

08 ルリビタキ (1 - 1)

被写体をこの程度 ↑ まで大きくすれば、鳥の写真って事になるわけで。
「鳥の写真」と「鳥のいる風景」の写真と。
どっちも有りだなぁ・・

そこに俳句か・・・
やっていることは、我ながら難易度高いかもな(笑)


[作品写真データ]
モデル:ルリビタキのメス
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:5.6
露出補正:+7/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。



はつはるやかえりまぎわのきたしゃめん
ルリビタキを撮ろうと思って半日徘徊してたりして(笑)
だいたいこの辺りに出てくるんだよねぇ・・・という場所はあるわけで。
もちろん、その界隈に出没する可能性は高いんだけど。
思わぬところで出くわすのが鳥見の醍醐味。


04 ルリビタキ (1 - 1)

これ ↑ なんて、目の中に良い感じで光が入っている。
晴れたり曇ったりを繰り返す天候の中で、この時は光が結構強く射していた。
ルリビタキを撮る時は薄曇りの方が色が出るなぁ・・などと贅沢な事を思ったり。
こんな至近距離で撮っていながら、さらに近づけないものかと思ったり。
欲望剥き出しだな。

04 ルリビタキ (1 - 1)-2

最初の頃は、こんな ↑ 感じで写っていても喜んでいたんだけど。
これじゃぁ単なる証拠写真だよなぁ・・なんて消そうかと思ったり。
数が増えるにしたがって目が肥えるというかなんというか・・
とにかく求めるものが多くなることは間違い無い。

一箇所でじっと出てくるのを待つのも良し。
人それぞれのスタイルがある。
自分は山の中をウロウロしながら出会いを楽しむタイプ。
帰り間際であの場所で至近距離で撮れました。
という一句(笑)


[作品写真データ]
モデル:ルリビタキ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1250
F値:5.6
露出補正:-3/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

おおみそかとはいえとりをとりつづけ
ルリビタキに今年は苦戦している。
ここのところしばらく姿さえも見えずだった。
ようするに、人が沢山いると鳥は逃げるって話なんだろうなぁ(笑)
上の写真 ↑ は、目の前の枝に飛んで来てくれたところ。
ほんの一瞬をどうにかものに出来た。
これを撮れた自分を褒めてあげたい。

31 ルリビタキ (1 - 1)-2

肉眼ではこれより ↑ もっと小さくしか見えない。
一応画面の中央に写っていることは写っている。
この状況でルリビタキだと認識して、その後の動きを追わなければならないわけで。

31 ルリビタキ (1 - 1)-3

こんなの ↑ 全然判らないよね。
とは言え、このくらいで発見しておきたいところではある。

簡単に誰でも撮れるようだったら大晦日の日まで頑張って撮ろうなんて思わないだろうね。
何度も何度も失敗写真を量産しながら、それでも中に数枚良い写真をいただく。
すると、それよりも更に良い写真を撮ろうと頑張る。
大晦日だろうが元旦だろうがお構い無し。

という一句(笑)


[作品写真データ]
モデル:ルリビタキ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:5.6
露出補正:ゼロ
ISO:500
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ